« 山田裕貴が齋藤飛鳥に恋焦がれ、追いかけ続ける!!『あの頃、君を追いかけた』特報&ビジュアル解禁 | メイン | 『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』“夫婦あるある”に全国の主婦から共感の嵐 ファンを魅了する夏川結衣の好演に目が離せない! »

2018年5月30日 (水)

死んだはずの「あの男」がプレミアに登場ってマジ!?メイズで一番「ヤな奴」といえばこの男、その名は“ギャリー”個性派俳優ウィル・ポールターがまさかのドッキリ登場! 米英プレミア写真が到着

0530_002


全世界累計興収10億ドル(1,000億円)突破のメガヒット・シリーズ『メイズ・ランナー』が、ついに完結する。巨大迷路<グレード>を3年がかりで攻略し、脱出したトーマスたちは、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者<クランク>と闘いながら決死のサバイバルを経験。自分たちが人類を滅ぼす伝染病対策のための人体実験サンプルである事実を知る。サンプルを求める秘密組織<WCKD(ウィケッド)>との激しい戦いが続く中、仲間のミンホが攫われてしまう。トーマスと仲間たちはミンホを救うため、巨大な壁で囲われた要塞都市<ラスト・シティ>中心部にある<WCKD>本部に逆侵入することを決意する。 だが、その場所は近づくことさえ容易ではない、侵入不可能な伝説の<メイズ>だった!


 予想を超えて展開する空前のアクション、謎を解いて進むサバイバル、人類の運命を託されたアドベンチャーが炸裂する。さらに、仲間を救うために命を賭ける若者たちの熱い友情と強い絆が大きな感動を呼ぶ。


今回、アメリカ&イギリスで行われた『メイズ・ランナー:最期の迷宮』プレミアに登場したキャストたちの写真が到着した。

その写真をよく見ると、なんとそこには死んだはずの“ギャリー”を演じたウイル・ポールターの姿が! なぜ!?


巨大迷路を攻略し、灼熱の砂漠を駆け抜けたトーマスと仲間たち。だが、テレサ(カヤ・スコデラリオ)のまさかの裏切りで、ミンホ(キー・ホン・リー)が“WCKD(ウィケッド)”に囚らわれてしまう。仲間を助けるため、トーマス(ディラン・オブライエン)たちは、侵入不可能とされる伝説のメイズ〈ラスト・シティ〉にあるWCKD本部を目指す。その先には巨大な敵と、誰もが予期せぬ試練と戦いが待ち受けていた―。

 今回、アメリカとイギリスで開催された『メイズ・ランナー:最期の迷宮』プレミア会場の模様をとらえた写真が到着した。主人公トーマスを演じるディラン・オブライエンはもちろん、ニュート役のトーマス・ブロディ=サングスター、裏切りのヒロイン、テレサ役のカヤ・スコデラリオ、ミンホ役のキー・ホン・リーなどのキャスト、ウェス・ボール監督が登壇する豪華なプレミアとなった。

注目したいのは、キャストたちの集合写真の中に、そこにはなんといるはずのない「あの男」の姿が!まさかのドッキリ?と叫びたくなる、シリーズ一番の憎まれっ子ギャリーを演じたウィル・ポールターがいるではないか。ベージュのスーツで登場したロンドンでは、満面の笑顔でファンサービスに精を出しているのだ (驚!)
ここで『メイズ・ランナー』の冒頭シーンを思い出して欲しい。突如として〈グレード〉に送り込まれたトーマスを手荒く迎えたのがギャリーだ。記憶をなくした若者たちのコミュニティのリーダー格で、仲間思いの一面を見せるものの、基本的にはいわゆる「ヤな奴」。トーマスを「新入り」と呼び続け、他の仲間と打ち解けようとするといつも邪魔をする。常に高圧的な態度が強烈なギャリーは、巨大迷路からの脱出を目指すトーマスと仲間たちの行動を阻止しようとして、ミンホの投げた槍が刺さって死んだはずだった。だが……

 ギャリーを演じた英国出身の俳優ウィル・ポールターは『リトル・ランボーズ』で映画デビュー。『メイズ・ランナー』での憎まれ演技が高く評価され、『レヴェナント:蘇えりし者』でディカプリオと共演を果たす。そして、キャスリン・ビグロー監督に大抜擢された『デトロイト』では凶悪な警官を見事に演じきり、その凶暴な演技が世界的に評価された。個性的な演技派で注目されているウィル・ポールターが、なぜシリーズ最終章のプレミアに登壇したのか? その真相は、『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の本編の中に隠されているに違いない。ぜひ劇場でチェックしていただきたい。

 シリーズ最高、最大のスケールで描かれる完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は、6月15日(金)より全国ロードショー。


____________________________________________________________

『メイズ・ランナー:最期の迷宮』

2018年6月15日より全国にて
配給:20世紀FOX映画
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner/
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事