« ジョージ・ルーカスが降臨!過去作のレジェンド集結!超豪華ワールド・プレミア開催『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 | メイン | 『寝ても覚めても』10 分間拍手鳴りやまず!!東出目を潤ませ「万感の思いで受け止めました」カンヌレッドカーペット&公式上映 »

2018年5月14日 (月)

成城は日本のハリウッド!? 太秦以上!?水道橋博士 成城映画村化を熱弁!映画愛が溢れ出し、三船アクショントークがヒートアップ!!『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』公開記念スペシャルトークイベント

日時:5 月 12 日(土)
場所:代官山蔦屋書店 1 号館 2 階
登壇者:水道橋博士、 高田雅彦[成城学園勤務]

0515_003


5 月 12 日(土)代官山蔦屋書店にて、映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』公開記念スペシャルトークイベントが実施された。


水道橋博士が登壇すると「オフィス北野のラストサムライと自称しております」と会場を沸かせた。そして成城学園に勤務し「成城映画散歩:あの名画も、この傑作も、みな東宝映画誕生の地・成城で撮られた」などの著書であり、三船敏郎への造詣が深い高田雅彦も登壇。


水道橋は「この映画(『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』)は素晴らしい。これを見ずして邦画を語ることなかれ」と明言。さらに「邦画黄金時代を体験するには、名画座しかなかった。しかし、白黒のコントラストや音をきれいに補正して黒澤映画、そしてそれ以前の作品を見ることができグッときた」と過去の映像を美しい映像で見ることができる感動を述べると、続けて「三船敏郎と黒澤明の黄金タッグが、”なぜコンビ別れしたのか“という疑問があったが、最後まで敬意と愛情をもっていたことがこの映画でよくわかる」と本作の見応えを熱く語った。


Youtube 動画企画にて成城周辺のロケ地案内人を務めた高田を水道橋が紹介し「先生は面白いことを言うんです」と振ると高田は「成城は日本のハリウッド!成城は日本のビバリーヒルズ!」と力強く主張し、会場から笑いが起こった。高田に成城のスタジオやロケ地を案内された水道橋も「成城は世田谷区が力を入れたら、太秦以上の映画村になると思う」と熱弁した。


水道橋は「三船は肉体性がすごく、この映画でスコセッシも言っているが三船はライオンに見える」と三船のバイタリティの強さを語ると、高田は「三船は野性的でスピードがある。『椿三十郎』は同じ脚本で撮られているが、黒澤版は 1 時間 36 分、森田版は 2 時間近い。これは三船の立ち回りの鋭さがあってこそのもの」と三船敏郎の立ち回りの素晴らしさを熱く語った。水道橋は「黒澤映画のリメイクは世界中でされているが、オリジナルと比べた際に、俳優としての三船の肉体性は凌駕できない」と語ると高田は「スピルバーグ監督も『『荒野の七人』を撮影する際、『七人の侍』の三船があまりにも素晴らしいのでやはり、リメイクは難しいのではと思った』と語っている」と三船の唯一無二の存在感を語った。


最期に三船の入門編的作品を聞かれると水道橋は『用心棒』と回答。「『用心棒』の全カット割りが載っている本があり、なぜこの映画が面白いのか解析されているため、より深く楽しむことができる」と観客に薦め、トークイベントは大盛況の中終了した。

【前半】水道橋博士、三船敏郎ゆかりの地・成城を行く!https://www.youtube.com/watch?v=SeCS9z36RwU&t=5s


【後半】水道橋博士、三船敏郎ゆかりの地・成城を行く! https://www.youtube.com/watch?v=sFSlwABqsDw


____________________________________________________________

『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』

2018年5月12日より 有楽町スバル座ほか全国にて順次公開
配給:HIGH BROW CINEMA
公式HP:http://mifune-samurai.com/
(C) ”MIFUNE:THE LAST SAMURAI” Film Partners 写真 (C) TOHO CO.,LTD.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事