« ハローキティ、ガンダム、ゴジラがお出迎え!今世紀No.1監督スピルバーグが見せた神対応!「初めて観た日本の映画は『GOZILA』!」ジャパンプレミア | メイン | 第 71 回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品 映画『寝ても覚めても』30 秒予告解禁! »

2018年4月20日 (金)

『アルビノの木』凱旋上映記念『金子雅和監督特集』トークレポート 4月18日池袋シネマ・ロサ『すみれ人形』上映に金子雅和監督、恩師・瀬々敬久監督、ミューズ・山田キヌヲとともに登壇

0420_005


2016年テアトル新宿で初公開され、その後全国各地で劇場上映、ポルトガル・スウェーデン・ドイツ・台湾・インド・スペインの国際映画祭で11の賞を受賞した『アルビノの木』が、4月21日より池袋シネマ・ロサで凱旋上映されます。それを記念して14日~20 日の一週間、『金子雅和監督特集』が開催、18日には金子の初長編作であり映画美学校修了制作『すみれ人形』が上映され、2005年当時映画美学校の専任講師として金子を指導した映画監督の瀬々敬久氏、ヒロインを演じた山田キヌヲ、金子雅和監督が登壇し、当時を振り返るトークを行った。

13年前に撮影された『すみれ人形』を久し振りにお客様と一緒に鑑賞した瀬々氏「映画美学校で金子くんの担当講師だったのです。あとストリップシーンのかぶりつきで出演しました(笑)」と告白。また、この作品で金子監督とタッグを組んで以来、金子作品に多数出演する山田さんは、「今日家でDVDを見直して来ました。どのシーンを見ても楽しい思い出ばかり」と語った。


同時上映された金子の処女作『AURA』(1998年)について「傑作だと思った。金子は映像詩の人。ところで『AURA』でも『すみれ人形』でも手が執拗に出てくるけど、なんで?」という瀬々氏の質問に対し、金子は、「世界に触れる器官として、手が面白いと思うんです。こんなに複雑に動くのは人間だけだし。」と答え、瀬々氏が「演出的にも手への拘りはあった?」と山田さんに問うと「踊りのシーンで手をつくと、山田さん違うんです、あと1センチ右です、みたいに、すごい細かく」と苦労を語り、場内に笑いが起きた。


「山田さんのセリフ回しが朗読っぽいけど、それも金子の演出?」(瀬々)「このヒロイン役はキャスティングが難しく何か月も色んな人に会いました。当時の山田さんはとてもボーイッシュな感じだったけど、本読みをやってもらったらああいう口調。すごく良いと思ってすぐにお願いしたんです」(金子)「(ロケ地が僻地なので)早朝とか夜中にスタッフの人が自宅前まで車で迎えに来て出発。そこで渡されるのが99円ショップの、更に50円割引されたおにぎり二個(笑)」(山田)「スタッフはみんな学生で経験がない、予算もない。とにかく大変な撮影でした」(金子)「日に日にスタッフが減っていって。あんまり可哀そうだから、途中からわたしが(スタッフキャストのために)おにぎりを作って持って行ってた。大変だけど楽しかったな」(山田)と過酷な状況でも一致団結して作品を作り上げた当時を語った。


本作冒頭に出演している綾野剛さんの出演の経緯について「それまでプロの役者を使ったことがなかったのですが、瀬々監督があとあとのことを考えると役者は大事、2~3年後にブレイクする役者を使え、と仰ってキャスティングディレクターを紹介してくださいました。その人の一押しが綾野さんでした。一目会っただけですごくインパクトがありました」(金子)


「『すみれ人形』はエロスとバイオレンスがあって、話がどんどん変わっていって、いわばトンデモ映画。良く言えば豊かとも言える。それに比べると『アルビノの木』はすごくシンプル。どうして変わったの?」という瀬々氏の問いに金子は、「『すみれ人形』の時は初めての長編で、まだ長尺の物語を作ることが出来なくて、接ぎ木のようにエピソードを付け足していきました。長編2作目『アルビノの木』ではその反対に、ひとつの主題で見せきることを意識しました」と語ると、最新作『アルビノの木』まで短編も含め変化の経緯を見てきた山田さんは「(演出は)昔ほど細かくない。周りの人が金子さんを理解したり、応援している様子が現場で伝わってきました」と語った。


かつての教え子に対する瀬々監督からの愛情を感じる質問と、「今後も金子作品に出たい。金子さんがわたしを一番きれいに撮ってくれた」(山田)という言葉に、多くのお客様が集まった場内は終始温かい雰囲気に包まれていました。最後に金子は、「特集で上映された旧作の集大成が『アルビノの木』。インディーズでこれ以上は出来ない、という覚悟で作った自分にとって大きな区切りの作品。豊かな大自然描写が最大の見どころ。ぜひ大きなスクリーンでご覧ください」とPRし、トークは終了した。

映画『アルビノの木』は4月21日から池袋シネマ・ロサにて連日20:00~上映。初日は出演の松岡龍平、長谷川初範、増田修一朗、金子雅和監督らによる舞台挨拶あり。上映期間中トークイベントも複数開催予定。

____________________________________________________________

『アルビノの木』

2018年4月21日より池袋シネマ・ロサにて
配給:マコトヤ
公式HP:http://www.albinonoki.com/
(C)kinone

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事