« 『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』史枝の家出で窮地に立たされる平田家 残された家族の考えるとんでもない打開策とは?! | メイン | 『ALONE/アローン』地雷を踏んで一歩も動けない兵士の極限サバイバル 現実と幻想が交錯する映像世界が広がる、日本版予告解禁 »

2018年4月19日 (木)

『1987、ある闘いの真実』(原題:1987 When the Day Comes)邦題&初日決定

0419_003


国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた『1987、ある闘いの真実』(原題:1987 When the Day Comes)が、9月8日(土)にシネマート新宿ほかで全国公開されることが決定した。


その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だったー。
1987年、日本がバブルに入ったばかりで国中が浮かれていた時代、飛行機でたった3時間の隣の国、軍事政権下の韓国では真の民主化からほど遠い日常があったー。 ソウルオリンピックを翌年に控えたこの年は、今日の韓国社会の礎となった最も劇的な年であり、人々の良心や行動がそれぞれの人生と国家を変えた1年となった。一人の大学生の死を発端に、国民の国への不信と怒りはやがて韓国全土を巻き込む民主化闘争のうねりとなって広がっていく。『1987、ある闘いの真実』は国の歴史を変えた勇気ある普通の人々の物語であると同時に、我々自身と向き合う機会となる作品である。


監督は『ファイ 悪魔に育てられた少年』(2013)で狂気の境界線にいる登場人物たちを描き出したチャン・ジュナン。本作でも民主化闘争に関わった人々がどのようにして正義のために闘ったのか、それぞれのキャラクターを明確に描きつつ、まるでサスペンス映画を見ているような畳み掛ける展開で観る者を一気にひきこんでいく。


また豪華なキャストからも目が離せない。北分子の徹底排除に信念を燃やすパク所長にキム・ユンソク、学生の死を隠ぺいしようとする警察に対峙するチェ検事をハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生をカン・ドンウォン、警察にマークされている運動家にソル・ギョング、危険を顧みず運動家に手紙を運ぶ看守役にユ・ヘジン、『お嬢さん』で注目されたキム・テリなど、ベテランと若手の演技派俳優が集結。今回解禁となった特報映像では、一人の大学生の死の真相を巡り、警察、検察、新聞記者らがそれぞれの思惑や信念の元に闘う姿が描かれている。特に、『哀しき獣』以来、7年ぶりの共演となるキム・ユンソクとハ・ジョンウ、韓国を代表する人気俳優二人の熱演は見逃せない。


 一人の大学生の死が国民の心に火をつけた!
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていたー。一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話。

____________________________________________________________

『1987、ある闘いの真実』

2018年9月8日よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開
配給:ツイン
(C)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34122553

『1987、ある闘いの真実』(原題:1987 When the Day Comes)邦題&初日決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事