« 出演俳優も圧倒された全容がついに公開!コリン・ファレル×バリー・コーガン<インタビュー動画>解禁『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』 | メイン | 「角川映画シネマ・コンサート」制作発表会見 大野雄二、松崎しげる、ダイヤモンド・ユカイ登場&強烈サプライズも! »

2018年3月 7日 (水)

ディ・アレン最新作 ケイト・ウィンスレット主演『女と男の観覧車』「Wonder Wheel(原題)」公開・初日・邦題決定

0307_001


『ミッドナイト・イン・パリ』では1920年代黄金時代のパリへ、『カフェ・ソサエティ』では1930年代のハリウッドへと観客をタイムトリップさせたウディ・アレン監督の最新作、「Wonder Wheel」の日本語タイトルが『女と男の観覧車』に決定し、6月23日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開されることが明らかになった。

女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない──夢のように美しい映像で人生の切なさを描ききった、名匠ウディ・アレン監督の恐るべき野心作が誕生した。


安定を願いながら刺激を求め、真実の愛に憧れながら刹那の恋に溺れ、ここではない、どこかにもっと素敵な人生が待っているはずだという切ない夢にその身を投げ出す…主人公ジニーを演じたのは、巨匠ジェームズ・キャメロンの世界的大ヒット作『タイタニック』によってスターの座を獲得し、アカデミー賞に7度もノミネートされ『愛を読むひと』で遂に同賞主演女優賞に輝いたケイト・ウィンスレット。


アレン監督の「最高峰の演技力を誇る女優でないと成立しない」という要望に見事に応え、映画史上最難関の役どころに挑んだケイトは、「最初はどうすればいいのわからなかった」と告白するも、新境地を開拓し、各方面で圧倒的な演技が絶賛されている。

遊園地のシンボル的存在の観覧車“ワンダーホイール”を背景に、詩情豊かな映像を捉えた撮影監督は、『地獄の黙示録』などで3度アカデミー賞®を受賞した、映画界の至宝ヴィットリオ・ストラーロ。光と影、暖色と寒色のコントラストを効かせ、明るく陽気な日常に潜む危険を匂わせる。共演者には、女心を“無邪気に”翻弄するジニーの恋人のミッキーに、『ソーシャル・ネットワーク』で高く評価され、ミュージシャンとしても圧倒的な人気を誇るジャスティン・ティンバーレイク。ジニーに振り回される夫のハンプティには、脚本家、ミュージシャンとしても活躍する、『ゴーストライター』のジム・ベルーシ。ハンプティの愛らしくてセクシーな娘キャロライナを、アレンに大抜擢された新鋭、『マレフィセント』のジュノー・テンプルが演じ、一世一代の演技で魅了するケイト・ウィンスレットに匹敵する強者たちが集められた。

____________________________________________________________

『女と男の観覧車』

2018年6月23日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ロングライド
(C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34110446

ディ・アレン最新作 ケイト・ウィンスレット主演『女と男の観覧車』「Wonder Wheel(原題)」公開・初日・邦題決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事