« 『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』ポスタービジュアル&予告編映像&場面写真解禁! | メイン | ねぇ知ってる?イケメンたちが豆しばに!?『曇天に笑う』×「豆しば」コラボが実現! »

2018年3月 8日 (木)

沢尻が魅せる「こじらせ顔」「溢れる出る涙」そして「アイドルスマイル」!そして吉沢扮する、猫の“良男”の一筋の涙。こじらせた1人と1匹。それぞれの想いは叶うのか?!『猫は抱くもの』特報完成

0308_002


『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカの主演、若手演技派俳優の吉沢亮出演、犬童一心監督がメガホンをとる『猫は抱くもの』が、6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となる。

本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織(沢尻エリカ)と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。猫の良男の擬人化した姿を演じるのは、今最も注目されている若手演技派俳優の吉沢亮。吉沢扮する美形猫が、毎日帰りを待っていてくれる・・という、“きみはペット”を思わせる設定にも期待感が高まる。さらに、「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たしている。また、ロックバンド「銀杏BOYZ」(表記:「銀杏」と「BOYZ」間は空けずに詰めて下さい)でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホとして登場。本作は、こじらせた1人と1匹の、妄想とリアルが入り混じる演出が見どころ。実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれ、映画好きこそ見るべき、新鮮な演出が盛り込まれている。


メガホンをとったのは『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2005)など幅広いジャンルの作品を手掛け、大島弓子の名作『グーグーだって猫である』を映画版(2008)とドラマ版(2014、16)を撮り、「猫を撮らせたら日本映画界随一」と言っても過言ではない犬童一心監督。本作は“猫映画”の決定版にして、犬童ワールドの集大成となった。


 
そして本日、特報が解禁!冒頭を飾るのは、沢尻エリカ扮する沙織が、アイドルスマイルで歌って踊る姿。主人公・沙織はもともとアイドルグループ「サニーズ」に所属していた過去があるという設定で、特報の冒頭で流れる懐かしい雰囲気の楽曲は、「サニーズ」の唯一ヒット曲「ロマンス交差点」。今はアイドルの夢を断たれ、ペットショップで売れ残っていた猫・良男と平凡な日々を送る沙織だったが、峯田演じるゴッホが現れてから日常が一変。ふとした出来事で心から笑うようになったり、「頑張れば何とかなると思ったが、実は毎日折り合いばかりつけてきた…」と自分を見つめるようになる。特に、ゴッホから言われた一言で、沙織の瞳から涙が溢れ出るシーンは本作の見所であり、沢尻エリカの演技に見入ってしまう。

そして、様々な表情をみせる沙織を傍でずっと見守り、どんな沙織でも受け入れようとする猫の良男(吉沢亮)。良男の日常にも変化が訪れ、家の外で迷子になってしまった良男は、「ねこすて橋」という猫の溜まり場で、捨て猫のキイロ(コムアイ)に出逢う…。こじらせた1人と1匹は新たな出逢いを通して、自分らしい生き方をみつける事が出来るのか―。それぞれの想いは叶うのか―。初めて劇伴を担当した「水曜日のカンパネラ」の劇中歌「マヨイガのうた」が、特報の後半を優しく包み込んでいる。


映画『猫は抱くもの』特報
https://youtu.be/sLQ2I9UT1no


____________________________________________________________

『猫は抱くもの』

2018年6月23日より 新宿ピカデリーほか全国にて
配給:キノフィルムズ
公式HP:http://nekodaku.jp/
(C)2018 『猫は抱くもの』製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事