« 超豪華キャスト集結。ポスタービジュアル解禁 史上最高に豪華で美しい犯罪チーム結成!『オーシャンズ8』邦題&公開日決定 | メイン | 沢尻が猫を抱きしめる=吉沢が沢尻に抱きしめられる!?“猫だく”(猫だくさん)なティザーポスター解禁!!『猫は抱くもの』 »

2018年2月20日 (火)

芸人永野海外進出目指す?!ハーフモデル谷まりあから「新しいネタ必要」とマジ指摘で「シェー!」映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』公開記念イベント

0220_006


映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』(配給:ギャガ)がいよいよ2/23(金)よりTOHOシネマズ日本橋を皮切りに全国順次公開となる。全米で活躍中のパキスタン出身コメディアン・俳優のクメイル・ナンジアニと、その恋人で現在は妻となったエミリーの、「異文化結婚」に至る奇跡のような実話を夫婦共同脚本で映画化、さらにクメイルは本人役で主演も務め、全米で口コミにより大ヒット、本年度アカデミー賞の脚本賞にもノミネートされた。公開を直前にした19日(月)には東京・月島にあるブロードメディアスタジオ試写室でPRイベントが行われ、パキスタン人と日本人のハーフでモデルの谷まりあと孤高のピン芸人・永野が本作の魅力を語りつくした。


全米で活躍中のパキスタン出身のコメディアンで俳優のクメイル・ナンジアニと、その恋人で現在は妻となったエミリー。そんな2人の異文化結婚に至るまでの奇跡のような実話を夫婦共同脚本で映画化した。


本作について「2時間は語れる」と感激ひとしおの永野は「まるで25話分のドラマを見たような充実感で、細やかな日常が刻まれていた。観ていて幸せな気持ちになった」と魅力を巻くし立て「自分は先入観やレッテルに凄く弱い人間なので、“アカデミー賞脚本賞ノミネート”と聞いた途端に、脚本が良かったと思った」と権威に弱い性格を自虐。


主人公も永野同様にコメディアンだが「単独ライブでの滑り方は似ている。自分の主張が強すぎて笑いが二の次になるのも、売れない芸人あるある」と共感を寄せて「ライブでグサリとくるようなヤジを飛ばされたことはないけれど、SNSでは常にヤジを飛ばされている。今朝も目覚めにSNSで「(永野の写真と共に)大嫌いな芸人です」というヤジ見て、まさに“大いなる目覚め”だった。映画のカップル以上に目覚めた」と笑わせた。

一方、両親が劇中のクメイルとエミリーの境遇に近い谷は映画を観て「アメリカに住んでいながらも、驚くほど保守的な人がいることに驚いたし、宗教の問題で親子が2人の仲を裂くということにも衝撃。勉強になった」とシミジミ。国際結婚がまだ珍しかった20年前の自身の両親についても「周りから反対されたみたいで、お父さんよりもお母さんの両親のほうが反対していたらしくて厳しかったみたい。でも私が生まれたことよって周囲の目も変わった」と打ち明けると、永野はすかさず「それを俺と一緒に映画化しよう!」と二組目の『ビッグ・シック』を狙っていた。


また谷は国際結婚について「違う文化の方と話すのが好きなので、全然あり。違う国の人と接すると、より日本の良さを学べる。男性から腕を組まれるのも好きだし、大胆な人がいい」と憧れると、すかさず永野は「僕は大胆な芸風だよ!若手のスタッフにもいまだに怒られるし」と謎の自己アピールだった。


そんな中、現在WEBの英会話動画に出演している永野に、谷が抜き打ちで英語力のチェックを実施。平昌五輪で感動した競技を聞かれた永野はなんとか英語で返答したものの、谷からは「質問のオリンピックという単語がなかったらわかっていなかったかも」との鋭い指摘が。


さらに「ネタを英語でやった方がいい」とアドバイスを受けた永野は、十八番ネタ「ゴッホとラッセン」を英語で披露。クセのあるアクセントを交えて英語でネタを披露したが、谷からは「日本語でも意味がよくわからないので、英語でもどうなるか…もっとネタを作った方がいい」と言語以前の芸人としての根本的な問題を指摘されてしまい、永野は「シェー!」と絶叫するしかなかった。


最後に永野は「本当に愛の話。恋愛、夫婦愛、家族愛、人類愛。愛の映画、幸せになりたい人は観て」と作品をアピールし、谷も「自分らしさは何か?と考えるきっかけになる映画です」と見どころを紹介した。

____________________________________________________________

『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』

2018年2月23日よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://gaga.ne.jp/bigsick/
(C)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事