« 大ヒットロングランに松岡茉湯満面の笑み「この映画は夢そのもの。永遠に輝き続ける映画」『勝手にふるえてろ』大ヒット&ロングラン御礼トークイベント | メイン | パンバスの“モヤキュン”に公開後リピーター続出!!その謎を紐解く今泉力哉作品主演キャスト揃いイベント開催!! 映画『パンとバスと2度目のハツコイ』「パンバス」×「サッドティー」コラボトークイベント »

2018年2月26日 (月)

吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、藤井道人監督 登壇「登場人物全員、心弱き者。役者としてその人たちを演じることが出来るのは嬉しい。今後もそうでありたい!」『悪魔』初日舞台挨拶

日時: 2月24日(土)
場所: テアトル新宿
登壇者: 吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、藤井道人監督

0226_004


谷崎潤一郎は日本だけでなく、世界でも高い人気を誇る、言わずとしれた近代日本文学の大文豪。代表作「痴人の愛」、「細雪」、「春琴抄」など数多くの作品が映画化され、愛されてきました。谷崎文学の神髄は、人間の業ともいえるマゾヒズム、フェティシズム、甘美な毒に酔う人間の性。そのエッセンスを濃縮した膨大な数の短編作品の中から、年齢もキャリアも異なる3人の映画監督が、自分たちの描きたい作品を選び、それらの作品を原案に、3本の現代劇として甦らせた。1月27日公開の『神と人との間』、2月10日公開の『富美子の足』につづく、第三弾となる藤井道人監督『悪魔』が2月24日、初日を迎え、主要キャストの吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、藤井道人監督が登壇する初日舞台挨拶がテアトル新宿で開催された。

『悪魔』は、いつも死の恐怖に怯え、強迫観念に襲われ続ける大学生の佐伯(吉村界人)が、魔性の色気と魅力を持つ下宿先の娘・照子(大野いと)に出会い、心を惑わされ、さらに照子を偏愛する同居人の鈴木(前田公輝)を巻き込んだ極上のサスペンス的新感覚ムービーだ。


この日、新作の撮影で福岡にいた吉村は、この舞台挨拶のために飛行機で緊急帰京。「(谷崎潤一郎作品は)学生時代から読んでいました。でも『悪魔』は読んでいなかったんです。(いち読者から、佐伯を演じることになって)俳優っていいことがあるな、と。良い職業に就いたなと思いました。(一見難しそうな役作りも、主人公である)佐伯が、昔から今も絶え間なく僕の心の中にいました。僕が佐伯に近づくというよりは、佐伯が僕の中にいたので、(演じていて自分と佐伯の)切り替えが難しいということは無かったです」と、数多くの谷崎作品の中で、『悪魔』と運命的な出会いをしたことを明かした。


また、「役作りはとても難しかったです」と切り出した大野は、「オファーを頂いた時は、私とは正反対の女の子ですし、男の人を誘惑するような役は楽しみでした。でも照子は冷酷なところが多くて、精神的にも、とても体力を使う役でした」と、谷崎ならではの独特な女性像と自身との違いに四苦八苦した様子だった。


狂気ともいえる異色のキャラクター・鈴木を演じた前田は、「(鈴木は)照ちゃん(=照子)を愛するが故に、ピュアな恋愛感情の表現(の仕方)が曲がっただけなので、撮影現場では照ちゃんの王子様でいようと思っていました」と、子役から長年役者をやり続けているからこその特異な役作りを披露した。


佐伯の大学の同級生で、ストーリーのキーパーソンとなる、あゆみを演じた遠藤は、「登場人物たちみんな様子がおかしい人しかいない中で、あゆみはその中では普通の人であるという解釈をしています。救いというかほっとする役どころになったらいいなと思いながら演じました」と、三人との微妙な距離感を保たなければならない難しさを語った。


若干31歳ながら、映画やドラマの監督オファーが相次ぐ(※)藤井道人監督は「(TANIZAKI TRIBUTEシリーズ)発起人の内田英治監督からオファーを頂いた時に、この『悪魔』と出会って、主人公・佐伯の心の深い部分が現代に解釈しても凄く共感できたので、この『悪魔』にトライすることに決めました」と、この『悪魔』を選択した理由を語った。
(※山田孝之氏がプロデューサーを務める今年公開予定の映画「デイアンドナイト」や、鈴木おさむ氏が脚本を手がける、AbemaTV開局2周年記念オリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』(主演・三浦翔平、早乙女太一、宇野実彩子、松岡広大)なども監督している。)


また、本作のタイトル『悪魔』にかけて、それぞれにとっての「悪魔とは?」と聞かれると、吉村は「台詞に頼らず体現する役者にならなければいけないと言う藤井監督が悪魔的にきつかったです(苦笑)」と本音をポロリ。前田も「(劇中で対峙する)吉村界人です(笑)」と率直に答え、監督は「香盤表(その日の撮影スケジュール表)を見せる時の役者たちが、怖くて。この現場はとても寒かったし、朝から深夜まで大変な現場だったと思う」と撮影現場の過酷さを伺わせた一方で、遠藤は「この映画の大野さんの目は本当に小悪魔そのもの!」と大野の魔性っぷりを大絶賛!それを受けて大野は「(遠藤さん)好きです!大好きです!」と、すぐ隣に立つ吉村や前田を飛び越えて感謝のラブコールを送り、会場は温かな笑いに包まれた。


舞台挨拶の最後に、これから本編を観る観客へ向けて監督は、「自分なりの悪魔に向かい合いながら、若いチームで団結力をもって挑みました」とアピール。大野も「大学の谷崎大ファンの友人が(先月の先行上映会で)観てくれて、本当に良かったと感想を言ってくれたので、皆さんも楽しんで観ていただけると思いますし、ラストシーンは、照子の本性が観られるので、ラストまでしっかり観ていただけたら嬉しいです」と熱く語った。吉村は「明るい映画じゃないですけれど、登場人物全員心弱き者なんです。役者として社会的に弱き者を演じることが出来て嬉しいし、僕は(これからも)そうでありたいと思っています」と場を締め括り、会場からは大きな拍手が起こった。


____________________________________________________________

『悪魔』

2018年2月24日より テアトル新宿ほか全国にて順次公開
配給:TBSサービス
公式HP:http://tanizakitribute.com/
(C) 2018 Tanizaki Tribute製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事