« THE ALFEE、結成45周年で声優デビュー!3人揃って、ぶさカワなエイリアン役に挑戦!!『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』 | メイン | ヒュー・ジャックマンが大好きな日本で豪華なショーを披露!『This Is Me』生披露に約400人が感動『グレイテスト・ショーマン』来日スペシャルイベント »

2018年2月15日 (木)

「あの花」「ここさけ」の岡田麿里が初監督!2018年泣けるアニメNO.1はこれで間違いなし!『さよならの朝に約束の花をかざろう』完成披露試写会

日時:2月13日(火) 
場所:新宿バルト9  スクリーン9
登壇者:石見舞菜香、岡田麿里、堀川憲司

0215_006


『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2013公開)、『心が叫びたがってるんだ。』(2015公開)の脚本を務め、さらに昨年には『暗黒女子』(2017/4月公開)『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017/10月公開)とアニメにとどまらず実写映画の脚本も手掛ける、岡田麿里が監督・脚本を務める最新作、『さよならの朝に約束の花をかざろう』が2018年2月24日全国ロードショーとなる。『さよならの朝に約束の花をかざろう』の完成披露試写が2月13日新宿バルト9で開催された。


全国を縦断し行ってきた試写会も本日の新宿バルト9での試写会を持ってフィナーレを迎え、それに伴い、マキア役の石見舞菜香、本作の監督、岡田麿里、P.A WORKSの堀川プロデューサーの舞台挨拶が行われた。

まずは今作の企画のスタートについて聞かれると、岡田監督は「堀川さんのほうから『岡田さんの100パーセントを出した作品を観てみたい』と言っていただいて、100パーセントってなんだろうと考えた時に、100パーセント自分の観たいものなら近づけられるかも、と散々考えた結果、監督をやらせてください!とお願いしてしまいまいした。(笑)」と振り返った。監督への起用について、堀川プロデューサーは「オリジナル作品を作るときは監督を中心に、いろいろな人がアイディアを出し合って一本の作品を作っていくので、だれか一人の作家性を深く掘り下げることはなかなか難しいんですが、個人的に、岡田さんは掘り下げたところに沸々と面白いものを持っていそうな気がしていたんです。最初は、岡田さん小説原作のものをつくりたい、と思っていたんです。でも、飲み屋で、緊張した姿でその覚悟を伝えられて、ぐっと来ましたね。そんな姿を見たことがなかったので、よっぽど覚悟を決めているんだな、と思いました。」と、裏話を語った。

今回は今までの岡田作品とは一味違った、完全オリジナルのファンタジー作品になっている。その理由について岡田は、「自分が昔観ていてワクワクした劇場アニメは、ファンタジーが多かったのと、今回は、監督がやらせていただけるということで、いままでと違った表現をしたかったんです。監督として自分のイメージを直接スタッフに伝えることで、表情や、風景の光や空の色などの繊細な映像表現でキャラクターの感情を表現できる、その分セリフはシンプルにしてもいいんじゃないかと思ったんです。ファンタジーの世界に普段の世界の地続きの感情をのせたら、少し新しいものが作れるのかもしれないと思いました。」と監督だからこそ実現できた、設定へのこだわりを語った。キャラクターの設定の着想については、「『凪のあすから』だったり、時間の経過の進み方がちがうことで起こる物語が、すごく好きだったので、オリジナル作品でこのテーマをさらに掘ってみたかった。」とコメント。


そんな中で生まれた、永い命を持つ少女・マキアを演じた石見。この役はオーディションで勝ち取ったということで、「いつもはキャラクターの絵や設定を頂いてオーディションに挑むことが多いのですが、この作品のオーディションは独特だったんです。キャラクターの絵がわからない状態で、設定とセリフがあって、それをみて自分が感じたまま演じてください、と言われたんです。当時はまだあまりオーディションにも慣れていなかったのですが、一生懸命向き合おう!と思って受けました。」


そんな石見をオーディションで起用した理由について、岡田は「その時の資料に『見つけた』って書いたんです。」とまさに奇跡のような出会いだったようで、それに対し石見も「泣きそうです。(笑)オーディションを受けさせていただいた日のメモに『このままじゃだめだ』というような反省点がたくさん書いてあって。だから、マネージャーから決まったと教えてもらったときには本当にびっくりしました。」と感無量の様子。

演じる上で受けたディレクションについて、石見は「最初はイメージのマキアちゃんよりも大げさに声を作ってしまっていたんですが、監督に「舞菜香ちゃんのままの声がマキアなんだよ。」と言われ、背伸びせず、そのままで演じるようにしました。」と自然体での演技を求められていたことについて語った。出来上がった作品については、「どんな言葉も当てはまらない気がしました。映像と声を音楽と、すべて合わさると、マキアは私だけ演じたんではなく、本当にスタッフの皆さんの全部がつまってるんだな、とすごく感じました。」とコメント。岡田監督は「作品って生き物なんだな、と思って。追い上げ期間のスタッフの熱量がすごくて、最後の1、2か月でものすごく変わったんです。私はいつもは脚本という役割なので、一番最初に入って一番最初に抜けてしまうんですけど、監督になって、最後の瞬間までみんなと一緒に立ち会えたというのが本当にうれしかったです。」と初監督で味わった感動について語りました。

最後に、堀川は「スタッフの、作品づくりにかけてきた3年間が報われるような作品をつくってほしい、と思っていたんですけれど、出来上がったものをみてスタッフが喜んでいる顔をみて、僕も監督に感謝しました。スタッフを満足させる作品をつくってくれてありがとう、という気持ちになりました。」と監督への感謝のコメントで締めくくった。

____________________________________________________________

『さよならの朝に約束の花をかざろう』

2018年2月24日より全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://sayoasa.jp/
(C)PROJECT MAQUIA

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事