« =LOVE佐々木舞香 配役発表時の心境語る、お宝大抽選会も『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』=LOVE登壇初日舞台挨拶 | メイン | “『パンバス』恋バナ”で女子会大盛り上がり!!深川流!!「モヤキュン」の楽しみ方解説!映画『パンとバスと2度目のハツコイ』女子会“もやキュン”トークイベント »

2018年2月13日 (火)

小山力也、上坂すみれら豪華キャストがシリーズ20周年最新作を飾る『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』監督、声優登壇初日舞台挨拶

0213_005


フルCGアニメーション映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』が2月10日(土)に公開を迎え、新宿ピカデリーで荒牧伸志監督、松本勝監督、吹替声優を務めた小山力也、上坂すみれ、小野賢章、喜多村英梨、内田彩、寺島惇太が登壇しての舞台挨拶が行われた。

鬼才ポール・バーホーベンによる90年代の傑作SF映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の公開から20年を経て巡ってきたジョニー・リコ役に小山は「まさかこんなことになるとは…」と驚きを口にする。「なぜか長い期間、たくさんの人の情熱とパワーが注がれた作品に関わらせていただいたり、横から入らせていただくことがあるんですが(笑)、今回はまさかのジョニー・リコ! やったね! って感じで楽しみにしてましたが、英語のオリジナルボイスも20年前と同じキャスパー・ヴァン・ディーンさんということで、光栄でした。一生懸命…、特にこの仕事は一生懸命やりました!」と挨拶の言葉に力が入る。


上坂は、20年前の作品で死んだはずのディジー役ということで「私から何を言ってもネタバレになるので、見どころが何も申し上げられないんですが…』と苦笑しつつ「ディジーが何で死んだのか? どう登場するのかは、見ていただいてのお楽しみで!」と笑顔を見せる。


ミステリアスなカール・ジェンキンスの吹き替えを担当した小野は「おそらく、いままで演じてきた役の中で、一番年上じゃないかと。リコ大佐と友人で…え? (リコ役は)小山さん? え? 小山さんと友人?」と当初の困惑を明かす。「ミステリアスで年上の役ということで、挑戦させていただきました。頑張りました!」と語った。


喜多村は、男勝りの艦長カルメン・イバネス役。「(オファーを)いただいた時は『あれでしょ? 海外でカルト的な人気のあれっしょ?』とわき上がりました。カルメンは、いろんな大先輩の方々が吹替をされてきたので、緊張しましたし、(共演者を見渡し)この陣営で? と緊張感がありました。前作からの伏線もあり、艦長としてしっかりと立ち位置を確立しつつ、リコ以上にステータスの高い役ということで、仕上がっているセリフも多く、緊張しながら頑張りました」と述懐する。


内田が演じたエミリー・スナップは“人類史上最も聡明な女性”といわれる連邦軍最年少の総司令官だが、感情の起伏が激しい一面も。「偉い人で、26歳でその地位にいるということは頭がいい人、美貌と聡明さで支持を集めている人であり、そんな彼女の起伏の激しさが、どんなところで出てるか見ていただきたいです。偉い人を演じる機会もなかなかなかったんですが、責任重大と思ってやりました」と同役への思いを口にする。


寺島は、リコの補佐官のトシ・ババを演じたが「まず最初は、すごく頼りないです。リコの部下ですが、オドオドしてて、緊張で口が回らないくらい頼りないけど、成長を見せ、最後には……というところもあります!」とアピール。「僕もこの舞台挨拶中に成長出来たら…」と口にし、笑いを誘っていた。


荒牧監督は、本作、特に日本語版について「この作品はCGで全て作っていますが比較的、フォトリアルで実写に近いキャラクターになっていて、その中に日本らしいケレンミや動きの気持ちよさを入れたいなと思って作りました。日本の声優さんに声を入れていただいたことで、そういう部分がさらに出ていると思います。画を作って、アメリカで、英語で声を入れて、最後に日本語を入れたことで、自分たちのものになったと実感しています。“日本語吹替え版”というより、日本語版を新しく作り直すくらいの勢いで作り、アレンジを加えています。日本語のセリフもキャラクターに最適化されているし、スタッフも『こっち(日本語版)が面白い!』と言ってくれてます」と日本語声優の声を加えての完成度、クオリティの高さに自信をのぞかせる。


共同監督の松本監督も「吹替え版を作るにあたって、みなさんに協力をいただき、完成度の高いものになったと自負してます。リコが主人公ですが、日本語になってこそ感情移入しやすくなってると思います」と力強く語っていた。


舞台挨拶中、小野賢章、上坂すみれが今後の自身が登壇する舞台挨拶についてコメント。
登壇されたキャストたちの舞台挨拶は公開後も予定されており、2/11(日)川崎チネチッタ、2/12(月)MOVIXさいたまでは小野賢章、寺島惇太ら男性陣による公開舞台挨拶を実施予定。
その翌週は、2/17(土)川崎チネチッタ、2/18(日)新宿ピカデリーと上坂すみれ、内田彩ら女性人による公開舞台挨拶が予定されている。


『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』は2/10(土)より2週間限定で全国公開中。

____________________________________________________________

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』

2018年2月10日より 全国にて
配給:KADOKAWA
公式HP:http://sst-mars.jp/
(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事