« 「もう逃げも隠れもしない!」福山雅治が自信を覗かせたアクションシーンいよいよ日本上陸!!『マンハント』ジャパンプレミア | メイン | ミヒャエル・ハネケ監督 最新作『ハッピーエンド』予告編解禁 »

2018年1月31日 (水)

『THE PROMISE/君への誓い』テリー・ジョージ監督インタビュー

20180131_p

“ホロコースト”が始まる約20年前にあった、150万人が犠牲になったとされるジェノサイド「アルメニア人大量虐殺事件」を背景に、語り継がれるべき負の歴史に翻弄された3人の男女の姿を追った『THE PROMISE/君への誓い』(2018年2月3日公開)。
悲劇に正面から向き合ったのは、ルワンダ虐殺の真っただ中で人命を救うために奔走したホテルマンの実話を描いた『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督。絶え間ない紛争に見舞われていた北アイルランドに生まれ、悲劇を前に葛藤する人間を描き続けてきた監督に話を伺った。

______________________________________________________________________

この映画はアルメニア人虐殺事件をテーマにしたものですが、監督はこれまでもそうした事件を描いてきました。アイルランド人としての出自が影響していますか?

■テリー・ジョージ監督:アイルランド人はストーリーテリングが好きな国民だと思う。ジェイムス・ジョイスやオスカー・ワイルドなどを輩出してきた国。私自身、北アイルランド(ベルファスト)で育って、身近にあった紛争を描きたいと思うようになり、ジム・シェリダンと組むことになった。私が脚本を書いた『父の祈りを』は、なぜ主人公は無実の罪を着せられたのか、事件はどうして起きたのかを観客に知らしめる映画。映画はそういった力のあるツールだと思う。デヴィッド・リーンの『アラビアのロレンス』や『ライアンの娘』、『アルジェの戦い』『シンドラーのリスト』『キリング・フィールド』『ミッシング』など、観客は主人公が語るストーリーを通じて、知らなかった事件を肌で感じながら学ぶ。これは映画の中で、とても重要なジャンルだと思う。


史実を描くだけに、徹底的なリサーチをされましたか?

■テリー・ジョージ監督:かなり徹底的にね。アルメニアに関する本をたくさん読んだし、実際にアルメニアに行った。虐殺事件に関する記念館にも行った。イスタンブールのロータリーにはタラート・パシャ(虐殺を主導したとされるオスマントルコの政治家)の記念碑がある。タラート・パシャはトルコでは英雄なんだ。彼はドイツに亡命した後、ベルリンでアルメニア人によって暗殺された。その場所にも行ってみた。史実を描くときは細心の注意を払って準備にあたるようにしている。史実に即していないと言われたら終わり。主人公たちの物語はフィクションだが、実在の人物(フランス海軍の提督やアメリカの外交官)は出てくる。それも正確に描けるように心がけた。


完成した作品に対して、どんな反応でしたか?

■テリー・ジョージ監督:ワールドプレミアはトロントの映画祭で。約3000人の観客に観てもらった。それから5日後、IMDbのサイトで55,000票がすべて0点。こんなことは初めてだ。1週間後に見ると合計86,000票。うち26,000票が10点で、残りが7点くらい。どうやらトルコで組織的なキャンペーンが張られたらしく、評論家にもレビューを撤回しろ、と脅迫があったそうだ。2017年4月、一本の映画が公開された。内容は本作と正反対。善良なるトルコの将軍がアルメニア人のテロリストと戦った、というもの。制作会社のバックにエルドアン大統領の息子が関わってたらしい、いわゆるプロパガンダ映画。編集で内容をいじられたそうだ。監督と脚本家は、名前を取り下げてくれと言っていたようだ。いずれにしても私はしばらくトルコには行けないだろうね。


キャストはどのように決まっていったんでしょうか?

■テリー・ジョージ監督:いちばん最初に決めたのはクリスチャン・ベイル。制作側から、まずはスターを配する必要がある言われ、脚本を送ったら共感してくれた。彼が決まると、あとはトントン拍子。ミカエル役にはアルメニア人の役者も探したが、こちらが求める芝居をできる人はいなかった。「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」に出てるジャック・ヒューストンも候補に入っていたけど、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』や『エクス・マキナ』を観て気に入ったオスカー・アイザックにしたんだ。彼はヒスパニック系だけど、ルックス的にアルメニア人ができるし、訛も完ぺきにこなしてくれた。我ながらなかなかの発見だったのは、アナ役のシャルロット・ルボン。エミリー・ブラントで検討していた時もあったけど、あまり見慣れていない女優を出したかったのでね。一大叙事詩的な映画にしたかったから、『ドクトル・ジバゴ』のジュリー・クリスティーのイメージで。コスモポリタンな役は、ふたりの男性が恋焦がれることに信憑性が出たと思うよ。マラル役のアンジェラ・サラフィアンもまた、ミカエルが愛することへの説得力があってよかった。素敵な4人のキャストで、素晴らしい“四角関係”ができたと思っている。

【取材・文/川井英司】

______________________________________________________________________

『THE PROMISE/君への誓い』
2018年2月3日より 新宿バルト9ほか全国にて
配給:ショウゲート
公式HP:http://www.promise-movie.jp/
©2016 THE PROMISE PRODUCCIONES AIE-SURVIVAL PICTURES, LLC. ALL Right Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34104345

『THE PROMISE/君への誓い』テリー・ジョージ監督インタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事