« 福士蒼汰、中山優馬ら豪華キャストが大集結!特製山車に乗り“曇天祭り”に登場!プレミアイベント『曇天に笑う』 | メイン | 『ジオストーム』公開2週目も快進撃 早くも興行収入 10 億突破がみえた!! »

2018年1月30日 (火)

中村うさぎ、倉田真由美登壇 女の性と禁断の愛語る 「時代が違えば、私たちも、きっとあっち側!」映画『ローズの秘密の頁(ページ)』公開直前イベント

日時:1 月 29 日(水)
会場:神楽座
登壇者:中村うさぎ、倉田真由美

0130_004



彩プロ配給作品『ローズの秘密の頁(ページ)』が 2 月 3 日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISUGARDEN CINEMA ほか全国公開)にて公開となる。本作は、『マイ・レフトフット』(89)や『父の祈りを』(93)でアカデミー賞ノミネートの功績を持つ巨匠ジム・シェリダンの 5年ぶりとなる待望の新作。アイルランドの人気作家セバスチャン・バリーがコスタ賞(英国の権威ある文学賞)を受賞した同名小説の映画化作品であり、約 40 年に渡って精神科病院に収容されているある老女の⻑きに渡って封印されていた衝撃の真実とそこに隠されたたった一つの真実の愛が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描かれる、ミステリアスな真実と愛の物語。本作の公開直前イベントとして、女性の性について赤裸々に語ることに定評のある中村うさぎと倉田真由美が登壇し、公開直前イベントが開催された。

■最初に一言ご挨拶をお願いします。

中村:主人公のローズは、社会的な背景のためですが、女性としてまっすぐに生きたことで、迫害されて精神病院に入った話ですよね。今だったら、私たち二人とも精神病院にぶち込まれますよね。正直すぎるから・笑

倉田:今なら「恋多き女性として」皆のカリスマになりそうですけどね!

■劇中の男性たちについてはどう思われます?

中村:男性を勘違いさせる女性って結構いますけど。「俺のことが好きに違いないとか」ただ素直なだけなのに「ヤラしてくれるんじゃないかと」。そういう人って、女性からも非難されますよね。


倉田:モテテクの特集がよくありますね。でもね、好きじゃない女性にモテても仕方ないよね!面倒なことになるだけ!だってほら、ブスならローズみたいに精神病院に入れられてないじゃない笑あと、ローズって誘われた男の人(神父)の車に乗っちゃうじゃないですか。彼女、躊躇するけど結局乗っちゃう。この選択の差でしょうね。モテるかどうかっていうのは。隙がある感じ。

中村:そう、そして神父に「ちゃんと送ってくれる?」ということをあえて言っちゃうローズ。私も言ってみようかな。そしたら、ラブホに直行かな笑?

中村:誘ってないのに「誘った」と言われていますよね、ローズ。男が自分勝手にムラっとしているのに、女性のせいにしている。現代もよくありますね。露出系の格好をしている女は誘っているから何をしてもいいなど。


■「許されない恋」というのが、世間を賑わせてますが、どう思われますか?

倉田:小室さん以降、少し不倫の流れは変わってきましたよね。でも、一貫して思うのは、本来恋愛というのは基本的に当事者二人と配偶者だけの問題なのに、周囲が正義ヅラしてなんだかんだ言う、って言うのがうざい。

中村:「私たちは正しくない恋愛は許しません、とか、こういう息苦しい社会は嫌だな」って思いますよね。

倉田:本来、恋愛って一番寛容であっていい場所。第三者は関係ないから。どんな話であれ。水に落ちた犬を叩く快感というか、インターネット社会。すごく叩く快感ってあるんだよね、きっと。

中村:週刊誌だって、どうかと思う。文春だって、自分たちだって不倫してるじゃんとか。ライターと不倫してるじゃん、とか。

倉田:正義ヅラして、あまり他者のそういう恋愛事情に首突っ込むのは「馬に蹴られて死んじゃえ」って思う。

中村:正しさって、人を傷つけるんですよ。私たち色情狂だから・笑

■魅力的な女性になるには、お二人はどうしたら良いと思いますか?

倉田:ローズを見てても思うんですが、ちょっとしたことなんですよね。ほんのちょっとした選択、目線だったり。今日、奥様に大人気の演歌歌手にお会いしたんですが、大物なのに、挨拶の時はちゃんと一人一人と目を合わせて挨拶するんですよ。余裕がなくも、どんな立場の人でもぞんざいにしない。男性にも女性にもそういう人がモテるのかなと。中村さんの場合は目上の人にもサボってるよね。笑

中村:うん、だから、自分に正直に生きたらモテない!と思う。整形とかね、整形したって言っちゃうとモテない・笑隠す秘密は隠さないとねえ。秘密って色気の一つの要素だよね。私たちって開けっぴろげだからねえ。昨夜、コロッケ食って寝たよ、とかいうからモテないんだよ。「秘密♡」とか言わないと!きっと、モヤモヤさせた方ががモテる。

____________________________________________________________

『ローズの秘密の頁(ページ)』

2018年2月3日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国にて
配給:彩プロ
(C)2016 Secret Films Limited

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事