« 関ジャニ∞、UVERworldのMVも手掛ける国際派・中村哲平監督が、芥川賞作家・中村文則の小説の世界観を完全映像化『悪と仮面のルール』豪華キャスト陣が中村監督との撮影を振り返る特別映像解禁 | メイン | 諏訪敦彦氏(映画監督)×岡田利規氏(演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰)「カメラが写し出すいくつもの奇跡の瞬間に嫉妬した!」演劇界の新鋭が絶賛!『ライオンは今夜死ぬ』トークイベント »

2018年1月12日 (金)

「はやく観たい」「4月まで待てない」という公開を待ち望む声に応えて、日本語字幕付き海外版オリジナル予告編急遽公開決定!『君の名前で僕を呼んで』

0112_005


11月24日に全米公開となり、既に『それでも夜は明ける』(15)、『ムーンライト』(16)などの昨今のアカデミー賞作品賞受賞作の興行成績を上回り(初週末スクリーンアベレージ比較)大ヒットを記録している話題作『君の名前で僕を呼んで』。


80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた本作は、オスカー前哨戦の賞レースを席巻し、アカデミー賞最有力の話題作として、世界中の映画ファンが注目している。

中でも、本作が初主演となるティモシー・シャラメは、ニューヨーク、ロサンゼルスを始め、全米各地の映画批評家協会賞で数多くの主演男優賞や新人賞を受賞。アカデミー賞でも主演男優賞ノミネートは確実で、受賞すれば史上最年少受賞となり、今やレオナルド・ディカプリオ以来の、実力と人気を兼ね備えた新しいスターの誕生と、センセーションを巻き起こし、熱狂的なファンを日々急増させている。


日本でも「1日でも早く映画が観たい」「4月まで待てない」という熱いファンの声にお応えし、この度、海外版オリジナル予告編に日本語字幕をつけた“日本語字幕付き海外版オリジナル予告編”が、公開されることが急遽決定した。


予告編では、17歳のエリオ(ティモシー・シャラメ)と24歳の大学院生・オリヴァー(アーミー・ハマー)の出会いから、次第に惹かれあっていく模様が描かれ、エリオとオリヴァーの間には、まるで不思議な磁石があるように引きつけあったり反発したりする様子が描かれている。80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、その絵画のように美しい情景が次々に映し出され、また、今最も注目を浴びるシンガー・ソングライターの一人、スフィアン・スティーヴンスが本作のために書き下ろした楽曲『ミステリー・オブ・ラブ』が観る者を魅了し、より一層映画の世界へと引き込んでいく。すべてのショット、すべてのシーンを記憶したいと願わずにはいられない、本作の魅力がたっぷり詰まった、映画の公開が待ち遠しくなる予告となっている。


映画『君の名前で僕を呼んで』日本語字幕付き海外版オリジナル予告編
https://youtu.be/_O6derhE1n0

____________________________________________________________

『君の名前で僕を呼んで』

2018年4月より TOHOシネマズシャンテほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
(C) Frenesy, La Cinefacture

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事