« 舞台で注目の人気俳優 染谷俊之、廣瀬智紀らが未来を語る。『10年後の自分たちとは。』映画『逃げた魚はおよいでる。』 公開記念舞台挨拶 | メイン | 今年の秋冬は空前のホラー映画ブーム到来!!『IT』『ゲット・アウト』の大ヒット続く日本洋画市場 次なる最恐映画は日本生まれの傑作シリーズ最新作 »

2017年12月 4日 (月)

原作にはない映画オリジナルの名シーンが誕生!超ハイテンションな松岡茉優と濃すぎるキャラとの強力コラボが面白い!『勝手にふるえてろ』本編映像解禁

1204_002


松岡茉優主演「勝手にふるえろ」が12月23日公開となる。原作は、01年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。十八番とも言える毒舌さえわたる切れ味のいいモノローグで女性のリアルな感情を描いている。


主人公ヨシカには、映画、テレビに大活躍中の松岡茉優。映画初主演となる本作でコメディエンヌとしての才能を存分に見せつける。2人の彼氏には、黒猫チェルシーのボーカルであり、役者・映画監督としても独特の存在感を放つ渡辺大知と、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓をたべたい』、『恋と嘘』など話題作への出演が続く、人気急上昇中の若手俳優・北村匠海。”脳内片思い”と”リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!本年度の東京国際映画祭において、日本映画で3年ぶりとなる“観客賞”と宝石の原石を意味する“東京ジェムストーン賞”のW授賞を果たした、今最も注目を集める作品だ。


超ハイテンションな松岡茉優と濃すぎるキャラクターたちの登場する、原作にはない映画オリジナルのシーンの本編映像が解禁となった。本作は芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、原作は切れ味のいいモノローグで綴られているが、「会話劇」にしたいという製作陣のこだわりにより本作はに大きなアレンジが加わっている。映画ならではの個性的なキャラクターが主人公・ヨシカ(松岡茉優)の会話相手として登場しており、本作の魅力のひとつとなっている。

今回解禁された本編映像は、会社の同僚“二”(渡辺大知)から突然の告白を受けたヨシカが、告白された驚きと喜びを街中の話し相手に超ハイテンションで報告するというシーンだが、その話し相手たちというのが思わず目にとめてしまう個性派揃い!!


親指をグッと立てて、「イイね!」とヨシカを見送る駅員には前野朋哉が、特徴的なコンビニ店員には柳俊太郎が、ヨシカにまくしたてられ何やら仲よさげにしている釣りおじさんには古館寛治が、ヨシカの話し相手として登場し、それぞれ個性をぶつけ、ヨシカとのテンポのよい会話を形成する。

その他にも、いつもオカリナを吹いているヨシカの隣人に片桐はいり、ヨシカが通うおしゃれなカフェの金髪店員に趣里、同じくヨシカが通う整体の整体師に池田鉄平と、個性派な役者たちが脇を固める。

松岡のこれまで見たことがないほどのハイテンションにも注目!原作にはない映画ならではの登場人物との会話劇は、思わず笑ってしまうこと間違いなし!と同時に、ヨシカと街中の人たちとのシーンは本作において重要な「鍵」となるシーンとなる。


映画『勝手にふるえてろ』本編映像◆ハイテンション松岡茉優、濃すぎるキャラとのコラボ!!
 https://youtu.be/JoTRSmh9zwQ


____________________________________________________________

『勝手にふるえてろ』

2017年12月23日より 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:http://furuetero-movie.com/
(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事