« 上川隆也と山本耕史の緊迫感がハンパない!!ブルゾンちえみのツンデレキャリアウーマンにギャップ萌え!超豪華な日本語吹き替え版映像公開!『ジオストーム』 | メイン | 青春映画の不朽の名作が 20 年の歳月を経て、“4K レストア・デジタル・リマスター版”で甦る!! 映画『メイド・イン・ホンコン/香港製造』2018 年 3 月 10 日より劇場公開が決定 »

2017年12月12日 (火)

幻の傑作が今スクリーンで蘇る!イエジー・スコリモフスキ監督作品『早春 デジタル・リマスター版』2018年1月13日より YEBISU GARDEN CINEMA にて公開!

1212_005



日本初公開から46年、映画ファンが渇望し続けたイエジー・スコリモフスキの伝説の青春映画がついによみがえる。『手を挙げろ!』(67)がポーランド政府の検閲によって公開禁止となって以降、活動拠点を徐々に海外に移し始めていたスコリモフスキ監督がイギリスで撮影した青春劇。日本でも1972年の劇場公開以来、長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的人気が高まっていた。今回上映されるデジタル・リマスター版では、その鮮やかな色彩や陰影が見事によみがえり、独特の映像美と主演ふたりの輝くような魅力を存分に伝えてくれる。

当時ポール・マッカートニーの婚約者として話題になっていたジェーン・アッシャーや、日本では『初恋』(70)でアイドル的人気を誇っていたジョン・モルダー=ブラウンが出演。また絶妙なタイミングでかっこ良く流れる楽曲を、ロンドン出身のシンガー・ソングライターのキャット・スティーヴンスとドイツのプログレロックのカンが手がけた。イエジー・スコリモフスキ監督曰く、「今見ても全く色あせてなく、私も自分の映画で好きな1本」とのこと。11月下旬から東京都写真美術館ホールにて開催中の「ポーランド映画祭2017」では先行上映が2回行なわれ入れない人も続出する大人気となった。

____________________________________________________________

『早春 デジタル・リマスター版』

2018年1月13日よりYEBISU GARDEN CINEMAにて
配給:コピアポア・フィルム
(C) 2011 Babaria Media All rights reserved.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事