« 健太郎が博多弁で胸キュンフレーズを披露!「ばり 好いとーよ」「俺と付き合っちゃろ」に女性客悶絶!映画『デメキン』 福岡先行舞台挨拶 | メイン | 瀬々敬久監督、3人の主演女優・森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈が登場!!『最低。』初日舞台挨拶 »

2017年11月27日 (月)

井浦新、主演作『光』は“べらぼうな映画”瑛太は井浦新と心中宣言!?『光』公開記念舞台挨拶

日時:11月26日(日)
場所:新宿武蔵野館 SCREEN 1
登壇者:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、大森立嗣監督

20171127_hikari

11月25日(土)から全国公開中の、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。三浦しをんの小説で人気の高い本作を、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手によりついに映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放ち、苛烈なる人間ドラマがここに誕生した。今回、本作の公開を記念して豪華キャスト陣が集結し、舞台挨拶が行われた。

______________________________________________________________________

満員となった会場で、主演の井浦新はじめ、瑛太、長谷川京子、橋本マナミが登壇。主演を務めた井浦は、本作への想いを聞かれ「作品の中にも出てくる、岡本太郎さんのお言葉を借りるとしたら“べらぼうな映画”だなと思います」と表現。「大森監督が映画作りの原点に帰るように挑んだ作品だと感じましたし、同時にこれまでのキャリアを投げ捨てて挑んでいる映画だと思いました」と語った。

続いて長谷川は、本作に関して「衝撃が強くて、どう受け取めていいのかわからなかったです。もう何回か観ないと整理できない。」と正直に語りつつ、「こんなに観ている人に問題を投げかけて終わる映画は最近ないと思います。こんな問題作を作ってくれた監督に心から感謝しています。また、そこに参加できてうれしいです」と絶賛。かつて大森監督のワークショップに参加していたという橋本は、「どのシーンも捨てがたい作品。考えさせられる映画だからこそ、余白があっていろんな捉え方ができる作品」と語った。

続いて好きなシーンについて聞かれたキャスト陣。瑛太は、井浦演じる信之を草むらに倒すシーンを挙げ、「撮影前は、尊敬している新さんを突き飛ばせるのか?って考えていたんですが、思いっきり倒してずっこける新さんを見れたのは感慨深かったですし、うれしかったです」と茶目っ気たっぷりに明かすと、井浦は「思いっきりきたよね」と笑顔で撮影当時を振り返った。

途中、井浦演じる信之が、瑛太演じる輔の首を絞めるシーンが、井浦によるアドリブであったことをMCが暴露。井浦はリハーサルをした後、瑛太の表情と芝居をみて「瑛太くんの首絞めたくなっちゃったんですけど・・・」と大森監督に相談し、大森監督は少し戸惑いながらも「好きなようにやれ!」と許可を出したことを明かした。続けて瑛太は「すべてを受け入れられるし、ある意味、新さんと心中してもいいという気持ちだった」と改めて井浦への絶大な信頼感を語った。

今秋出演作3本が立て続いた瑛太。「やっと登頂できたなという気持ちでいます」と振り返りつつ、「個人的にも大好きな『光』で締めくくれてうれしい」と作品への愛を噛み締めた。

最後に大森監督は「賛否両論あっていいと思っています。放っておこうっていうのはやめて欲しい」と笑いつつ、「『よくわからなかったけどすごかった』と言ってもらえたらうれしい。感想が『不快になった』でもいいんです。映画というのは10年、20年後に思い返すことがある。この作品が皆さんにとってそうであれば」とメッセージを送り、舞台挨拶は終了した。


______________________________________________________________________

『光』
2017年11月25日より新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
公式HP:http://hi-ka-ri.com/

© 三浦しをん/集英社・© 2017『光』製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34094876

井浦新、主演作『光』は“べらぼうな映画”瑛太は井浦新と心中宣言!?『光』公開記念舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事