« リー・アンクリッチ監督(『トイ・ストーリー3』)が絶賛するカラフルな死者の国の“美しさ”を表現した日本版ポスター解禁『リメンバー・ミー』 | メイン | 『カーズ/クロスロード』MovieNEX発売!日本一の熱男・松田宣浩選手(福岡ソフトバンクホークス)が“熱く”語る! »

2017年11月22日 (水)

J・C・ミッチェル監督、今一番のお気に入り、日米ハーフシンガーソングライター・Mitskiを最新作のエンディング曲に起用!映画のサウンドトラックも発売決定!『パーティで女の子に話しかけるには』

1122_004



今もなお「生涯のベスト1」の声多き名作『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルの待望の最新作『パーティで女の子に話しかけるには』が、12月1日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開となる。


映画の主題歌「Between the Breaths」を歌っているMitskiが、ジャパンツアーを控えて来日。日本での映画世界初公開を控え、メッセージを寄せた。


「作曲はXiuXiuのジェイミー・スチュワートが手がけたのですが、監督のジョン・キャメロン・ミッチェルにボーカルを頼まれて、歌わせていただきました。ジョン・キャメロン・ミッチェルと私とプロデューサーの3人でスタジオに入って、とても楽しんで作れました。」

「Between the Breaths」は映画のエンドロールで使用されている曲で、予告編にも使用されている。予告編解禁時からネットではこの曲の情報を求めるリアクションがいくつも起きるなど反響があり、映画公開に向けてぜひチェックしたい楽曲。MitskiはNYで活躍する日米ハーフのシンガーソングライターで、2015年にはRolling Stone誌の「知っておくべき10人のアーティスト」に選出されたほか、昨年発表した最新アルバム『ピューバティー2』はTIME誌をはじめ、Rolling Stoneなど数多くのメディアが選ぶ「ベスト・アルバム2016」にリスト・アップされている。


さらに、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督もMitskiを「今一番注目しているアーティスト」と公言。本作の音楽を担当しているジェイミー・スチュワートとミッチェル監督がこの曲の作詞・作曲を手掛け、Mitskiに歌を打診した注目のコラボが実現している。Mitskiによるジャパンツアーは11月24日(金)の恵比寿 LIQUIDROOMを皮切りに実施されるので、こちらも要チェック!


また、ソニー・ミュージックレーベルズより、「Between the Breaths」も収められている本作のサウンドトラックがiTunesやApple Musicなどデジタル ミュージックストアにて11月24日(金)より配信が決定!(価格1600円) 詳細は、配信サイトより「How to Talk to Girls at Parties」で検索を。

映画『パーティで女の子に話しかけるには』エンディングソング  Mitski 「Between the Breaths」
https://youtu.be/1rFzuhrBo3s

____________________________________________________________

『パーティで女の子に話しかけるには』

2017年12月1日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://gaga.ne.jp/girlsatparties/
(C)COLONY FILMS LIMITED 2016

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事