« 『ジグソウ:ソウ・レガシー』TIFFイベントにて“魔界人アイドル”椎名ぴかりんが「ソウ」愛を語りまくる | メイン | 2度目の台風も会場の笑いで吹き飛ばした!『斉木楠雄のΨ難』「映画をみて笑おう上映会」大ヒット御礼イベント »

2017年10月30日 (月)

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』「ローマ国際映画祭」ワールドプレミア 永井豪降臨にファンもメディアも超熱狂!

1030_004



1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活する。搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」はロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメだ。x今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公となる。

ローマ・オリンピックの跡地に建設され、世界各国から訪問者が絶えない街イタリア・ローマが誇る世界的会場で行われた「第12回ローマ国際映画祭」。このたび、本作『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』が招待作品に選出され、邦画アニメーション映画としては“異例”の世界最速上映によるワールドプレミアが行われた。

上映会直前に行われたレッドカーペットには、ヨーロッパを中心に世界各国から集まった多数メディアの他、グッズを持参したり、コスプレをした大勢のファンが集まり、大歓迎ムードとなった。永井豪がレッドカーペットに登場すると、待ちわびていたファンたちは日本語で主題歌を熱唱。永井は、様々なグッズやポスターを差し出すファンにサインをしながら笑顔で交流を楽しんだ。


レッドカーペットでは、劇中モデルの巨大マジンガーZがお目見えし、永井原作の「鋼鉄ジーグ」をモチーフに実写映画化し、イタリア・アカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ」で16部門にノミネートされ、7部門を受賞した大ヒット映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のガブリエーレ・マイネッティ監督。イタリアの人気マンガ「Dylan Dog」の原作者ロベルト・レッキオーニも駆けつけ、永井と共にフォトセッションにのぞんだ。

その後ワールドプレミアが行われたのは、オーディトリウム・パルコ・デ・ラ・ムジカという、イタリアが誇る世界的な建築家レンゾ・ピアノが設計したローマの音楽複合施設。上映会には、日本に先駆けて世界最速上映ということでおよそ700人もの観客が入る会場は満席。テレビアニメやイタリア語に翻訳されたマンガ原作のファンと思われる30~40代の男性ファンから、彼らに連れられた小さな子供たちまで幅広い層のお客さんが集い、親子で参加するファンも多く見受けられた。

<永井豪コメント>
今回は世界で初めての上映会となりますので是非楽しんでいただけたらと思います。ローマ映画祭はとても熱い映画祭という印象です。熱烈な歓迎ありがとうございます。こんな経験はハリウッドのスターでもないのに嬉しいです(笑)。マジンガーZのもつ力強さ、ピュアな情熱といったものがイタリアの人たちの心情にピッタリだとおもいます。世界中で愛されているマジンガーです。イタリア、そして日本でも是非ヒットしていただけると嬉しいかなと思います。


<プロデューサーコメント>
永井一巨プロデューサー:永井豪自身が大好きだったこの地(イタリア)で公開できることをとても嬉しく思っております。この映画を楽しんでいただければ幸いです。

金丸裕プロデューサー:この企画は9年という長い時間をかけて創りました。ようやく観て頂けて嬉しいです。皆様が最初のお客様です。今日は皆さんと一緒に最後まで楽しもうと思っております。


集まったファンたちと一緒に、イタリア・ローマの地で世界最速上映会を鑑賞した永井豪。上映中は、戦闘シーンが終わるたびに歓声が上がり、また随所で笑い声も溢れるなど、終始大熱狂。本編エンドロールが終わると、会場中が熱い歓声とスタンディングオベーションに包まれ、客席の永井のもとにファンが一気に押し寄せる場面も。永井は、とても嬉しそうにイタリアのファンたちの喜びの声を受け止めていた。

(親子1)
子供1:すごく楽しかった!とってもクールだった。
子供2:お父さんが若い頃に観てたんだ!
父:全てがとても良かったよ
子供1:僕はエンディングで笑った!
子供2:とっても好きな映画だ


(20代女性)
素晴らしかった。大好きな映画よ。
傑作だと思うわ、とっても好き。


(親子2)
父親:僕が小さい頃から好きだった作品を、娘にも見せたかったんだ。
娘:楽しかった!
父親:(イタリア語の)吹き替えでしか観たことなかったので、日本語版は初体験だったよ。
   とてもクールでオリジナルだった。日本語はいいね。
   そしてロマンチックな映画でもあった。日本のマンガが得意な要素だね。
   今日は永井豪先生と一緒に観れるなんて、本当に感動したよ。原作者だからね!震えたよ。


大盛り上がりの中、大熱狂で終えたワールドプレミア。今月31日からのイタリア公開に大きな期待が寄せられると共に、年明けの日本公開が待ち望まれる。ますます全世界から注目を集める、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。続報に期待だ!

____________________________________________________________

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

2018年1月13日より全国にて
配給:東映
公式HP:http://www.mazinger-z.jp/
(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34090251

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』「ローマ国際映画祭」ワールドプレミア 永井豪降臨にファンもメディアも超熱狂!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事