« 初の本格アフレコ、声優界のレジェンド野沢雅子のアドバイスに背中を押され、原作者の原先生も太鼓判!!『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』百田夏菜子 公開アフレコ | メイン | 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』主演:阿部サダヲ×ヒロイン:吉岡里帆×監督・脚本:三木聡映画化&主要キャスト決定 »

2017年10月 6日 (金)

玉木宏演じる 顔を変え、過去を捨てた”殺人者”ついに解禁!壮大なサスペンスを期待させるポスタービジュアル完成&主題歌は注目のシンガー・Uruが手がける!『悪と仮面のルール』

1005_001_2


芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出の同名小説を、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』。日本のみならず世界で注目を集める人気作家の傑作小説を、豪華キャストで映画化することが話題を集めている本作。本作の公開日が2018年1月13日(土)に決定し、ポスタービジュアルが完成。さらに、主題歌を“謎のシンガー”として注目を集める Uruが手がけることが明らかになった。


公開日決定& “顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスタービジュアル完成。本作の公開日が2018年1月13日(土)に決定し、ポスタービジュアルが完成!玉木宏演じる、顔を変え、過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す主人公・文宏の、狂気とも悲しみとも取れる表情をおさめたデザインは、哀しい殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する壮大なサスペンスを予感させる。10/7(土)より、新宿バルト9ほかにて掲出される予定。


また、10月7日(土)より、特典付き前売券(ムビチケカード)の販売も決定!劇場購入特典は、劇中から選りすぐった、玉木宏出演シーンのスチルを使ったオリジナルポストカード3枚組(数量限定)となる。


『悪と仮面のルール』特典付き前売り券 概要
・券種:全国券(ムビチケ)
・特典内容:オリジナルポストカード3枚組 ※数量限定、なくなり次第終了※
・発売日:10/7(土) ・金額:¥1,400-(税込)


主題歌を手がけるのは、注目のシンガーUru! コメントも到着!本作の主題歌を手がけるのは、神秘的な存在感で“謎のシンガー”として注目を集めるUru。「追憶のふたり」は、本作のための書き下ろし楽曲!聞く人を包み込むような歌声が、本作で展開される壮大なサスペンスと、“殺人者”文宏、そして彼が全てを懸けて守ろうとする女性・香織の運命に寄り添うような、観るものの心に残る楽曲だ。Uruの映画に向けてのコメントと、本作の中村哲平監督からのコメントも到着した。

Uru「追憶のふたり」 概要
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano


Uru コメント
「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。
主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」


中村哲平監督 コメント
「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

____________________________________________________________

『悪と仮面のルール』

2018年1月13日より全国にて
配給:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事