« 2017 年投資利益率、堂々第 1 位!ローリスク&ハイリターンで驚異のコストパフォーマンス!!仕掛け人は世界的ヒットメーカー、ジェイソン・ブラム!!! | メイン | ゲリラプロモーションに渋谷騒然!アトミック美女軍団が渋谷に来襲『アトミック・ブロンド』 »

2017年10月17日 (火)

作品を紐解く“死者の国”の大事なルールも明らかに…今にも”音楽”が聴こえてきそう 新写真、公開『リメンバー・ミー』

1017_001



“おもちゃの世界”や“モンスターの世界”など、これまで誰も観たことがない世界を舞台に数々の感動的な物語を生み出してきたディズニー/ピクサー。その最新作は、陽気でカラフルな“死者の世界”を舞台にした大冒険を描く『リメンバー・ミー』。そんな本作でもっとも重要ともいえる、物語の舞台となる“死者の国”の全貌と、主人公のミゲルが出会い、絆を深めるガイコツのヘクターと陽気にギターを弾く姿が映し出された場面写真が初公開となった。


主人公のミゲルは音楽が大好きなギターの天才少年。でも、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。大切な家族か、ミュージシャンになる夢を目指すか悩むミゲルは、伝説のミュージシャンデラクルスの霊廟に飾られたギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をする。そのギターを奏でた瞬間、夢のように美しく、テーマパークのような“死者の国”に迷い込んでしまった。写真でしか見たことのないひいひいおばあちゃんをはじめとする先祖たちや、憧れのデラクルスと出会うが、喜びもつかの間。早く元の世界の戻らないと大変なことに。そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど孤独なガイコツ、ヘクターだった。


彼は生きているミゲルに“ある願い”を託すため、ミゲルが元の世界に戻る方法を一緒に探す。“死者の国”から日の出前に帰らないと、体が消えて家族に会えなくなるミゲルと、生きている家族に忘れられると、永遠に家族と会えなくなるヘクター。会いたいのに家族に会えない二人が、家族に会うための重要な鍵となるのは、ミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」だった。


このたび公開された写真で、ガイコツのヘクターは、ギターを楽しそうに弾くミゲルの横で優しくほほ笑んでいる。ヘクターのキャラクターはまだ謎に包まれているが、ミゲルとともに<家族に忘れられ、消えてしまう>という共通の危機に立たされながらも、音楽を通して二人が深い絆でつながっていく様子がうかがえる。


さらに、ミゲルとヘクターが乗るケーブルカーの下には、複雑に積み重なったカラフルで美しい“死者の国”の街並みが広がる。ピクサー・スタジオのプロダクション・デザイナー、ハーレイ・ジェサップは、「私たちは 5 年以上前から製作に関わりはじめ、メキシコにリサーチ旅行に行きましたが、特に“死者の国”の大きなインスピーションとなったのは、メキシコのグアナファトの街でした。幾層にも重なった鮮やかな色合い都市で、狭い階段や橋がたくさんあり、急な坂道で上方向に伸びるように街が設計されていました。その幾層にも重なった感覚を取り入れました。」と語っている。さらに「その層は歴史が折り重なっています。」とし、「下のほうは古代の構造物で、上に移動するごとに歴史が進んでいきます。」と、まさにすべての時代の人々が、“死者の国”でも一つとなり、歴史が積み上がり、凝縮している姿を現しているという。今を生きている家族だけでなく、会ったことがなくても血のつながった先祖の存在、“家族を忘れない、家族を想う”気持ちを描こうとする、ピクサーの本気が伝わる繊細かつ斬新なビジュアルとなっている。この“死者の国”で、新バディの二人がどんな冒険を見せてくれるのか、期待が高まる。


____________________________________________________________

『リメンバー・ミー』

2018年3月16日より全国にて
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34088129

作品を紐解く“死者の国”の大事なルールも明らかに…今にも”音楽”が聴こえてきそう 新写真、公開『リメンバー・ミー』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事