« 「24-TWENTY FOUR-」「プリズン・ブレイク」を超えた驚異の海外ドラマ「THIS IS US 36歳、これから」日本最速デジタル配信スタート! | メイン | 映画『シンクロナイズドモンスター』いとうせいこう、町山智浩ら著名人絶賛コメント到着! »

2017年10月 6日 (金)

エル・ファニングがトランスジェンダーの主人公に挑戦!『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)待望の日本公開決定へ!本国予告編も解禁!

1005_002_2


『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要2部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイン・クリーニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)。本作は製作国であるアメリカでの公開延期により、日本公開も同様に延期になっていたが、(当初の公開予定日:2016年1月22日)この度、2018年2月3日に新宿ピカデリーでの公開が正式決定した。


『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮する。最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる―。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生した。この度、本国予告(日本語字幕入り)も併せて解禁となった。

『アバウト・レイ 16歳の決断』 海外トレーラー(日本語字幕入り)
https://youtu.be/2kQ1synGJ_0

____________________________________________________________

『アバウト・レイ 16歳の決断』

2018年2月3日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ファントム・フィルム
(C)2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事