« 事故か事件かー豪華キャストによる世紀の大逆転劇『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル解禁 | メイン | 『ギミー・デンジャー』大ヒット公開記念 Boris Atsuo トークイベント »

2017年9月22日 (金)

石田ゆり子、鈴木敏夫、橋本マナミ…衝撃の純愛に切なさと愛おしさに感嘆の声、続々!『ナラタージュ』

0922_003



2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」を嵐・松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督(『世界の中心で、愛をさけぶ』)がメガホンを取り映画化、10月7日(土)に全国公開となる。本作をいち早く観た著名人からコメントが到着した。石田ゆり子、橋本マナミ、篠原ともえ、など大人の女性たちから恋愛系の専門家、そしてスタジオジブリの鈴木敏夫まで、恋愛の痛みとそれに勝る幸せを余すことなく描いた本作に感嘆の声が続々とあがっている。


この映画の中に流れる粒子は、しっとりと重たくて、まるで紫陽花の花のよう。静かな映像の中に、美しい狂気を感じる。
ただひたすらにまっすぐ愛するヒロインのすべての表情に、わたしは圧倒された。

女優 石田ゆり子

はじめての感情に何度も触れることが出来た、あまりに美しい純文学的な愛の作品。
シーンの一瞬を思い出すだけで、心がぎゅぅぅってなるんです。

タレント 篠原ともえ


ナラタージュ、それは回想。若い男は私を束縛したし、年上の男は優し過ぎた。
大人のための恋愛映画、楽しませて貰いました。

スタジオジブリ 鈴木敏夫

僕には葉山への苛立ちと泉への疑問があった。でも映画は教えてくれる。
孤独の淵から祈るような想いで救い合い、もっと根源的な所で繋がってしまった二人の事を。
だから泉の自問自答に最後には我々が救われるんだ。

俳優 八嶋智人

何歳になっても忘れられないあの時の恋心。辛いけど大人になるとなぜかいい思い出に変わってる恋心。
この映画にはそんな切なくも甘酸っぱくて心温まる恋愛模様がたくさん描かれていました。
観た後必ずこう思うはず。はぁー!恋愛したい。笑

女優 橋本マナミ

思い出になる恋があれば人は強く生きていけるし、結ばれるだけが恋の形ではないのだと、胸が締め付けられました。

ブロガー・作家 はあちゅう


誰も幸せになったとは言えないのは、誰もが幸せだった瞬間があったせいかもしれない。
人を愛するとき、傷つくことや傷つけることを恐れてはいられない。
無意識の強さと弱さに揺さぶられることこそが恋愛の醍醐味だから。

103kgの恋愛カウンセラー 羽林由鶴

“居場所が無かった私、君を救ってくれたのは僕”心の奥では誰かを必要としていて、誰かに必要とされたくて。
見えない二人の想いが通じるかのように惹かれ合うが、求めたくても求められない。
切ない純愛だからこそ、秋を感じる季節に観たい作品の一つになりました。

恋愛依存専門カウンセラー 畠山ユキ子


恋はそもそも愚かだからこそ、素晴らしいという過程があますところなく美しい映像で綴られています。
始め幼かった泉(有村架純)がどんどん母性溢れる女性になっていくの・・・。松潤先生ずるい、ずるいわあ・・・(誉め言葉)。

漫画家 ひうらさとる

こころの中で大きくなっていく想いに苦しみながらも、
自分に正直にいることを選び、そして前に進む泉の姿は力強く、美しかったです。

女優 石橋静河

これでもかというくらい生々しく描き出される“男の弱さ”に、ひたすら胸が苦しくなりました。
しかし、自分の脆さやズルさに対する徹底的な凝視は、今の男性に求められているものでもあります。
すべての男性に観て欲しい映画だと思いました。

恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表 清田隆之

痛く、そして甘い、せつなさだけで出来上がった作品を観てしまった・・・

占星術研究家 翻訳家 鏡リュウジ

今もこの日本のどこかで、恋人だった人が生きている。この140分を見つめるかつての恋人は、誰を想うのだろうか。
映画『ナラタージュ』の歪みゆく時間感覚の中で、観客は時間旅行に出かけることになるだろう。
映画館の暗闇では、隣の席から、恋人の呼吸が聴こえる。

映画監督 山戸結希


なんでこんなに美しく儚い世界を映像に感じるんだろう。
ピアノの音、セリフの音質、社会科準備室に差し込む光の色。それなのにスクリーンの中の世界というより、すぐ側にある現実の世界のようにも感じる。
そんな美しくも質素な世界に引き込まれた僕は、「人生の中で本当に一番好きだった人は誰ですか?」そう問われながら物語は進んでいく。
人を好きになるという事は、好きという感情とは?全ての行動の一つ一つの意味とは?を探させてくれながら。
ここまで感じさせてくれる作品をありがとうごさいます。

アンダーグラフ 真戸原直人

度々出てくる雨の情景と主役の有村架純さんの無垢なイメージが相まって、繊細な禁断の愛の世界にぐんぐん引き込まれます。胸が締め付けられるような切ない気持ちってこういう感じだったなと思い出させてくれました。

美容家 石井美保

叶わなくたって、届かなくたって、許されなくたっていい。会えてよかったんだよ。好きになれてよかったんだよ。
だれも言ってくれなかった言葉をくれる、強くて優しい映画。

恋のお悩み話し相手 ハジメ☆ファンタジー


人を好きになることはなぜこんなにもどうしようもないなのだろう。
美しい雨や光や夜が痛みとともに目に焼きついて、時間が経っても思い出してしまう。

作家 柴崎友香


映画そのものの素晴らしさを実感できる機会に、久々に恵まれた気がした。松本さんも有村さんも、いつも知る二人から離れ、行定さんの世界で生まれ変わっていた。台詞の生々しい音は、まるで初めて台詞の音声というものに出会ったかのような瑞々しさがあり、顔の寄り画の表情の力には、まるで初めて映像で顔というものを見つめたような新鮮さがあった。フォーカスアウトした映像の奥や、フレームの外に、想像を掻き立てられ、これが映画が本来もたらすべき力だなと思った。焦らず、息をするように紡がれるこの時間が、本当は僕らがずっと浸っていたい映画の時間だった。

映画監督 佐藤信介


生きながらも、心中するような恋。距離も時間も隔てられているのに、あの人の鼓動と息遣いが魂を震わせ続けているなんて――。
誰にも見せない心の奥の扉。『ナラタージュ』は、清廉な罪の熾り火に私たちを惑わせ、そして生きることの慈しみを教えてくれる。

作家 藤沢周


島本理生さんは20歳の時にこの本を書いている、ということに改めて驚きました。
出版してすぐに読んで、衝撃を受けたのを思いだししみじみいい小説だなあと感じ入りました。
もう一度生まれかわって女になったら、こういうムキになる恋愛をしてみたいと思わせる映画でした。

書評家 東えりか


腑に落ちた。
恋愛とは何か、なぜ恋愛でこんなに苦しまなければならないのか、ずっと謎に思いながら生きてきて、この映画を観て、決して答えは出ないのだけれど、「人間なのだから、こういう状態に陥ることは誰にでもあるんだ」ということが、腹にストーンと落ちてきた。恋を、納得してしまう。
原作も大好きで、映画も大好きになった。

エッセイスト・小説家 山崎ナオコーラ


ひとの心の、自分でもどうしたってどうにもできない部分。スクリーンに降り込める雨。どちらもひたすら美しかった。

小説家 井上荒野


人はナゼ恋におちるのだろうか。何も見えなくなる、明るくて暗い深いアナに。

アーティスト 清川あさみ


雨、プール、海、涙……湿度120%で男と女は恋に落ちるんですね。この映画で心の渇きが潤いました。

エッセイスト 辛酸なめ子


恋に落ちてしまう、その「どうしようもなさ」がひたすら描かれる。
嘘のない本当の気持ちは何処にあるのか?心が痛くても痛くても諦めずに探し続けるヒロインがいつしか神々しい光を放ち始める。
久しぶりに胸を押しつぶされるヘビー級の恋愛映画。出会えてとても幸せでした。

映画監督 犬童一心

曖昧でいて透明な、この世のようなあの世のような、幽霊のような化石のような、でも確かに見事に21世紀の若者たちのラブストーリーなのです。

映画監督 岩井俊二

____________________________________________________________

『ナラタージュ』

2017年10月7日より全国にて
配給:東宝=アスミック・エース
公式HP:http://www.narratage.com/
(C)2017「ナラタージュ」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34083797

石田ゆり子、鈴木敏夫、橋本マナミ…衝撃の純愛に切なさと愛おしさに感嘆の声、続々!『ナラタージュ』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事