« 大阪はエウレカの聖地!TVシリーズから12年-今だからこそできるエウレカ。ネタバレトークも満載!次回作への構想も!!『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』大阪・舞台挨拶付き完成披露上映会 | メイン | 『彼女がその名を知らない鳥たち』第22回釜山国際映画祭 出品決定!!蒼井優、阿部サダヲ、白石監督がオープニングセレモニーに参加! »

2017年9月11日 (月)

櫻井孝宏、小松未可子登壇。吹き替え版では三蔵法師が「LINE交換しよう」とナンパ?!『西遊記2~妖怪の逆襲~』公開記念舞台挨拶

0911_007


香港映画界で俳優・監督としてヒット作を連発するチャウ・シンチーが、2013年に発表した超話題作『西遊記~はじまりのはじまり~』待望の続編『西遊記2~妖怪の逆襲~』の公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催された。本作の日本語吹替版を担当した、三蔵法師役の櫻井孝宏、小善役の小松未可子が登壇し作品への思いやアフレコ時の裏話を語った。

ゲストが本作中で使用されている『Gメン'75』のテーマをバックに登壇すると、櫻井は、「まさかこの曲で登場するとは…!」と感慨深い様子でコメント。前作『西遊記~はじまりのはじまり~』など、チャウ・シンチー作品をいくつか観ているという櫻井は、続編に自分が関わることができるとは思ってもおらず、オファーをもらった時はすぐに快諾したほど、この世界観に入れたことが嬉しいと長年の想いを述べた。

小松は、「チャウ・シンチー作品は初挑戦ながらも、笑いや驚き、感動など気持ちが豊かになりました。キャラも俳優も個性的でいち観客としても楽しめました!」と、楽しげに感想を語った。作中の三蔵法師と小善がイチャつくシーンでは、実際採用されなかったものの、「あげぽよ」や「LINE交換しよう」などといったアドリブが飛び交い、台本を追うのが大変なほど全然違うものになったが、最終的に本作らしい仕上がりとなったと互いに自信をのぞかせた。

「自分の演じたキャラ以外で魅力的なキャラは?」という質問に対し、印象的で突き抜けたキャラだった沙悟浄を挙げた櫻井。アフレコ前に沙悟浄登場シーンを繰り返し見ていたとも告白するも、次回作のオファーがあったら、やはり三蔵法師が良いと懇願。一方小松は、妖怪が変化するようなひと癖あるキャラクターの方が楽しいと、作中に登場する妖怪・蜘蛛女を挙げた。ほぼ満員の会場は終始笑いに包まれ、楽しいイベントとなった。

____________________________________________________________

『西遊記2~妖怪の逆襲~』

2017年9月8日よりTOHOシネマズ六本木ほか全国にて
配給:日活、東京テアトル

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34081759

櫻井孝宏、小松未可子登壇。吹き替え版では三蔵法師が「LINE交換しよう」とナンパ?!『西遊記2~妖怪の逆襲~』公開記念舞台挨拶を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事