« 日本映画史上初!第15回ウラジオストク国際映画際にて、高橋一生、リリー・フランキー、斎藤 工が最優秀男優賞を異例のトリプル受賞!!『blank13』 | メイン | 事故か事件かー豪華キャストによる世紀の大逆転劇『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル解禁 »

2017年9月21日 (木)

世界的ベストセラー小説、ついに映画化!『ルイの9番目の人生』(原題:THE NINTH LIFE OF LOUIS DRAX)公開初日・邦題・ポスタービジュアル・予告編解禁

0921_002



アカデミー賞監督をも魅了した最高のサスペンス小説を映画化した「THE NINTH LIFE OF LOUIS DRAX(原題)」の邦題が「ルイの9番目の人生」に決定し、2018年1月20日(土)に日本公開されることが明らかになった。


9年間で9度死にかけた不思議な少年の運命に隠された秘密を紐解くと、そこには驚くべき真実があった――。


本作は、イギリス人作家リズ・ジェンセンが発表した世界的なベストセラー小説に基づき、人間の“心”というこの世で最もミステリアスな領域に踏み込んだサスペンス映画。2008年に他界した『イングリッシュ・ペイシェント』のアカデミー賞監督アンソニー・ミンゲラが生前に映画化を熱望していた企画を、その遺志を継いだ息子のマックス・ミンゲラがプロデューサー兼脚本家となりついに実現!鬼才アレクサンドル・アジャが、天使のように愛らしい外見からはうかがい知れない秘密を隠し持つ9歳の少年を主人公に、予測不可能なスリルとサプライズに満ちた映像世界を完成させた。

主人公ルイ・ドラックス役を演じるのは、何か月にも渡るオーディションの末に選ばれたカナダ出身の天才子役エイダン・ロングワース。本作に出演したことによりカナダで優れた子役を表彰する「The Joey Awards」(2016年)の最優秀助演男優賞を受賞した。そして謎多きルイを目覚めさせようと奮闘する医師パスカルを演じるのは、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』『フィフティ・シェイズ・ダーカー』で世界的人気を博し「世界で最もハンサムな顔100人」ランキングで見事1位(2014年TC Candlerより)のジェイミー・ドーナン。さらに昏睡状態の息子を必死で看病する美しい母ナタリーを、デヴィッド・クローネンバーグ監督のミューズであり、「世界で最も美しい顔100人」で2012年~2016年の5年連続ランクインしているサラ・ガドン、ルイの事故現場で失踪した父ピーターをTVドラマ「ブレイキング・バッド」でブレイクしたアーロン・ポールという実力派俳優が演じ、物語にリアルな緊迫感を与えている。


やがて、あまりにも謎めいた少年の心の闇にひとすじの光が差し込むクライマックス、そこには想像を絶する“驚愕の真実”が待っている。主人公の少年ルイが何かを語りかける表情で正面を見つめ、その背景には「崖から落ちた少年」「不可解な事件」「悪夢」など、ルイの運命に関わる不穏なキーワードがちりばめられたポスタービジュアルと、同時に幻想的な音楽と共に9年間に9度死にかけた少年ルイ・ドラッグスが描かれ「僕は全部知ってるんだ。」と意味深なセリフを残した予告編を解禁。謎に満ちたストーリーを期待させるビジュアルと予告編をとなっている。


映画『ルイの9番目の人生』予告編
https://youtu.be/fnr66gy9rcM

____________________________________________________________

『ルイの9番目の人生』

2018年1月20日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて
配給:松竹
公式HP:http://louis9.jp/
(c)2015 Drax (Canada) Productions Inc./ Drax Films UK Limited.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事