« 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto: CODA』<自然の音>を探求する姿を捉えたビジュアルがついに完成! | メイン | 『プラネタリウム』おんぶに肩車!雪に大はしゃぎのナタリーとリリー=ローズ雪と美女の幻想的な本編映像到着 »

2017年9月12日 (火)

ノーラン監督最高傑作『ダンケルク』日本でもNo.1大ヒットスタート!

0912_004


『ダークナイト』『インセプション』と、新作ごとに圧倒的な映像と斬新なアイディアで、世界を驚愕させてきた巨匠クリストファー・ノーラン監督が、実際に起きた史上最大の救出作戦を描く、大傑作が誕生! 360°全方位から迫る究極の映像体験『ダンケルク』が、9月9日(土)、ついに日本公開を迎えた。港町ダンケルク。追い詰められた英仏軍40万人が撤退を決断。若き兵士トミーは、絶体絶命の窮地から、どうやって脱出するのか!? 民間船もが救助に関わった、史上最大の救出作戦が幕を開ける!


全国444スクリーンで封切られた本作は、公開2日間(9/9-9/10)で3億2398万1600円(観客動員数220,149名)を記録し、週末興行ランキング1位を獲得!

全世界興行収入530億円を突破し、全米7週連続トップ10入りの大ヒットを記録(9/11時点。全てBOX OFFICE MOJO調べ)。60か国以上でNo.1を獲得し、「オスカー候補となるべき今年No.1の映画。(Variety)」「ノーラン最高傑作。(The Guardian)」と、早くも2018年のアカデミー賞®有力候補の大本命として各海外メディアが一斉に報じ、8月末には監督・脚本・製作を務めたノーラン監督が7年ぶりの来日を果たし、一般試写会でいち早く体験したユーザーからも絶賛の嵐、公開前夜に実施された“爆音前夜祭”のチケットはたった2分で完売するなど、公開前からすで盛り上がりを見せていた『ダンケルク』。9月9日の映画公開と同時に、究極の映像体験を堪能できるIMAX上映版での鑑賞が高く、近年のヒット作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(興収の13.5%)『キングコング:髑髏島の巨神』(13.4%)を上回り、興行収入の22.7%シェア(38,769名、73,651,000円)がIMAX鑑賞となっている。

実に多彩な各界から大絶賛の声!
以前からノーラン監督の大ファンであるEXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典は、先日の監督来日でついに念願の対面を果たし、「ノーラン監督のファンなので光栄です!頭の中を覗いてみたいナンバーワンの人です。」と熱くコメント。更に、俳優の坂上忍や、フリーアナウンサーの滝川クリステル、山崎貴監督(「永遠の0」)、押井守監督、樋口真嗣監督、作家・和田竜(「のぼうの城」「村上海賊の娘」)、ゲームクリエイター・小島秀夫、漫画家・花沢健吾、モデルの市川沙耶、シンガーソングライターの松任谷由実、ロックバンドGLAYのギタリスト・HISASHI、アニメーター漫画家の貞本義行ら、あらゆる方面の著名人の方々から絶賛の声があがっている。映画『ダンケルク』の更なる大ヒットが期待されている。

9月9日の公開初日から、若い女性やカップルなど、史実をテーマにした作品では珍しい観客層も劇場に足を運び、上映後には圧巻の映像と、本作に込められたメッセージに涙を流しながら出てくる姿も多くみられました。「圧倒的な映像美。惹きこまれてしまい抜け出せない」「緊迫感と臨場感が凄かった!」「出演者がみんなイケメン過ぎる」「凄すぎて5回見た!!」など、ノーラン監督の映画体験を受けて、ソーシャル上で大いに賑わいを見せ、映画サイト「映画.com」「シネマトゥデイ」のアクセスランキング1位、映画レビューサイト「Filmarks」「coco」の注目度&つぶやき数、1位を記録するなど話題沸騰!

『ダンケルク』各界コメント
岩田剛典(EXILE/ 三代目J Soul Brothers) 
冒頭から全編クライマックスの臨場感、緊張感を感じる究極のエンターテインメント作品。テーマは戦争だけれど、これまでと全然違う新しいテイストで、生きたい、生き抜いてやると願う主人公への感情移入と、映像と音楽にずっとハラハラドキドキしながら圧倒された99分間の映像体験!

坂上忍(俳優)
正直言います。死ぬほど疲れました!それくらいパワフルでノーラン節全開!ここまで圧がすごい映画を久しぶりに観ました。僕はかなりというか相当惚れました。ちょっとこの監督、普通じゃ無いので!見たら分かります。

山崎貴監督(映画監督「永遠の0」)
エンドロールが上がり始めてようやくこれが映画だったことを思い出すほどの臨場感でした。打ちのめされ、そしてもう一度立ち上がりたくなる。そんな映画です。

滝川クリステル(フリーアナウンサー)
民間の方が兵士を助けに行く心の強さ、タフさ、そこにとても惹かれて、涙を抑えられなかったです。
もっと観たかったし、心底もう一回観たいです。


____________________________________________________________

『ダンケルク』

2017年9月9日より、全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://dunkirk.jp
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34081915

ノーラン監督最高傑作『ダンケルク』日本でもNo.1大ヒットスタート!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事