« 史上初!ディズニー/ピクサー公認!主演・野村周平『カーズ/クロスロード』実写ドラマ化!ティザー予告編映像公開 | メイン | 『彼女の人生は間違いじゃない』廣木隆一監督コメント到着! »

2017年7月 7日 (金)

「心の底から観てほしい素敵な作品!!」主演の萩原みのり、久保田紗友が本作を熱く語る!『ハローグッバイ』女子限定試写会

日時:7月5日(火)
場所:SME六番町ビル
登壇者:萩原みのり、久保田紗友、菊地健雄監督

0707_05



 映画『ハローグッバイ』がいよいよ7月15日(土)公開となる。この公開に先立ち、『ハローグッバイ』女子高生限定試写会が5日(水)にSME六番町ビルにて執り行われ、主演の萩原みのりと久保田紗友、本作の監督を務めた菊地健雄が登壇した。


女子高生試写会とあってか、どこか緊張している様子の3人。本作のキャッチコピーにもなっている“友達ってなんですか?”にちなみ、それぞれの高校時代の友情エピソードを聞かれると、萩原は「韓国ドラマを見てキュンキュンしたり、ちゃんと高校生していた気がします。あとは放課後ひたすら食べていました!油そばだったりクレープだったり…今日放課後何を食べに行くか友達と考えていましたね」と当時のエピソードを明かした。久保田は「みんなでダラダラ過ごして、教室の窓の外のきれいな夕陽を見ながら“青春だね~”ってひたすら喋ったりしています。ラストJKなので、プリクラを結構撮ったりもしていますね!」と現役女子高生ならではのエピソードも。男子校出身の菊地監督は、「2階からプールに飛び込んだり、馬鹿ばっかりしていましたね。あとは近くの女子高の横をドキドキしながら歩いて女子高裏の図書館に勉強をしに行ってました」と懐かしむ様子も。

 それぞれの経験を振り返りながら少しずつ緊張が解けてきた3人。女子限定試写会ということもあり、話の流れは“恋バナ”へ。好きな男性のタイプを聞かれた萩原は「寂しそうな顔をしている人が好き。どうしたんだろう、大丈夫かなと気になってしまいます」と意外なタイプに驚きの声が上がった。一方久保田は「私は白Tシャツが似合う人が好きです!分かる人いますか?」と質問を会場に投げかけ、多くの女子高生たちがうなずき、共感を得ていた。それに対し萩原は「白Tシャツよりも黒Tシャツを着ている方が好き!」と自分の好きなタイプを熱論。映画で演じた役柄が正反対だったように、素の2人の性格や趣味趣向も実は正反対だということが判明し、会場は笑いに包まれた。

 時間も最後に女子高生へのメッセージを聞かれると、萩原は「私自身とても好きな作品。こんなにも心の底から観てほしいと思う素敵な作品に出会えました。みんなで大事に作ったこの作品を観て、何かを感じてもらえたら嬉しいです」と語る。久保田は「この作品を特に同世代の方に観てもらいたかったので、今日それが叶うのでとても嬉しいです。みなさんSNSで感想などつぶやいてください」と現代ならではSNSでの呼びかけをした。最後に菊地監督は「みなさんと同年代の役者さんが生き生きと演じてくれた作品。なのでみなさん自身の手で同世代の友達にこの作品を広めていただけたら嬉しいです。この映画を観て、若い人がどんどん自分自身で表現したいと思えるようになれば日本ももっと面白くなると思います」と感慨深げに語った。

映画『ハローグッバイ』は7月15日(土)より渋谷ユーロスペース他、全国順次公開。


____________________________________________________________

『ハローグッバイ』

2017年7月15日より渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開
配給:アンプラグド
公式HP:http://hello-goodbye.jp/
(C)2016 Sony Music Artists Inc.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34070414

「心の底から観てほしい素敵な作品!!」主演の萩原みのり、久保田紗友が本作を熱く語る!『ハローグッバイ』女子限定試写会を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事