« 世界的ファッションデザイナー、トム・フォード7年ぶりの監督最新作 特報&ティザービジュアル完成!『ノクターナル・アニマルズ』 | メイン | 『ボラット』の監督×ニコラス・ケイジ アメリカを愛しすぎた男の 本当にあった 独りぼっちの大追跡『オレの獲物はビンラディン』12/16(土)日本公開決定! »

2017年7月31日 (月)

<ワンダーウーマンクリエイターズ コラボ>第二弾アーティスト発表『ワンダーウーマン』

0731_003


「スパイダーマン」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を超え[2017 年、夏の大作で一番気になる作品ランキング]で No.1 の期待の本作。全世界では既に850億円を突破する大ヒットを記録、全米でも『パイレーツ~』新作を超えた興行成績で大きな社会現象にもなっている『ワンダーウーマン』が8月25日(金)より公開となる。日本一有名な小学5年生のリカちゃん、足立慎吾、高田明美、すしおの参加が決定している<ワンダーウーマンクリエイターズ コラボ>が7月28日(金)よりルミネエスト新宿店で開催。このたびコラボアーティストの第2弾が発表となり、ASIANKUNG-FU GENERATION などの CD ジャケットや、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手掛けるイラストレーター中村佑介、『DC スーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の監督・脚本を務めるFROGMAN、代表作『いつかティファニーで朝食を』や『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』の漫画家マキヒロチ、代表作『GS美神 極楽大作戦!!』、『絶対可憐チルドレン』、『MISTER ジパング』の漫画家・椎名高志、「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」シリーズの漫画家・手代木史織が新たに決定し、5人がそれぞれ手掛ける個性的な“ワンダーウーマン”がお披露目された。


主に女性や動物をモチーフに描きカラフルな独特のタッチで人気を博すイラストレーターの中村佑介。中村の作品には繊細で儚げな女性のイメージがあるが、中村のカラフルなタッチは残しつつ、強くて芯のあるワンダーウーマンを見事に表現した。赤と青のコスチュームに身を包んだワンダーウーマンを中心に、背景には本作のカギを握るものが散りばめられている。例えばワンダーウーマンが生まれ育った女性だけの島セミスキラや、島に不時着したことでワンダーウーマンの運命が一転するパイロット・スティーブの飛行機、世界を救うために飛び出した外の世界の様子、そしてワンダーウーマンが手放せない盾など、本作の世界観をこの一枚に凝縮し見事に描いた。中村は「これまで観た DC 映画でいちばんパワフルで痛快に心躍るのに、観終わると、彼女の少しかなしげな美しい横顔がそっと胸に残る。たぶん、強さって少しかなしいことなのですね」とワンダーウーマンの強さだけではない一面を表現したそうだ。


世界征服を企む秘密結社である鷹の爪団だが、今回は強くて美しいワンダーウーマン姿を見せている。どんな過酷な状況でも立ち向かって行くワンダーウーマンと同じく、頭にはティアラを身に着け、左手のガントレットで銃弾をはじき飛ばす美女戦士になりきっている。

FROGMAN は「鷹の爪団の吉田くんとワンダーウーマンのハイブリッドヒロイン”ワン田”。すでに私は本編を鑑賞したのですが、彼女が初めて口にするソフトクリームに感動する姿がとにかくキュートで、正直惚れました。メリーに首ったけの時のキャメロンディアス以来です。女性はきっと、相手役のクリスパインに惚れますね。彼女は2010年代を代表するヒロインとして、長く記憶に残ることでしょう!」とワンダーウーマンの魅力を明かした。


そして漫画家のマキヒロチと椎名高志、手代木史織とのコラボも実現した。現代に生きるリアルな女性を優しく可愛らしいタッチで描いてきたマキは、ワンダーウーマンの女性らしさを表現した作品になっている。マキは「最初このお話をいただいた時に「え!?私でいいの??」という気持ちだったんですが、自立した強い女性を私らしく描くことに意味があると思い、イメージに拘らず描いてみました。私の周りの原作ファンの方達の愛のあるアドバイスを聞きながら描いて、とても楽しかったです」と語る。そして「週刊少年サンデー」で『絶対可憐チルドレン』を連載している椎名は、ワンダーウーマンの美しく強い一面を描き「ワンダーウーマンは女性のたおやかな美しさや魅力を持ったまま、性別を超えた強さ・逞しさを体現したスーパーヒロイン。コミック的なファンタジー要素をリアルにデザインし直して、それが説得力を持って描かれてますね。憧れます」という。

チャンピオン RED で「バットマン アンド ジャスティスリーグ」を連載中の手代木史織は「私は中高女子校で、アシ先も今も女所帯の仕事場で、男臭い漫画とは何かと模索して、でもそれはただ妄想と偏見と知って…性別がどうあれ必要なのは情熱なのだと思い知って…ワンダーウーマンのように真っ直ぐ強くありたいと今、強く思います」とワンダーウーマンへの思いを語り、どの作品もワンダーウーマンの強さや美しさ、チャーミングな一面など魅力が伝わってくるコラボとなった。以前発表されたリカちゃんや足立慎吾、高田明美、すしおのほか、今回発表された FROGMAN、中村佑介、マキヒロチ、椎名高志、手代木史織によるワンダーウーマンとのコラボ作品は、7月28日(金)よりルミネエスト新宿店で展示されている。間近で作品を見られる貴重な機会を見逃さないでほしい。


いま最も注目を集める『ワンダーウーマン』は、女性だけの島で育った好奇心豊かな<プリンセス>のダイアナが、外の世界を知り、人々の争いを止めるため<最強の美女戦士>ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描き、その感動的なストーリーから「アメコミ史上最高傑作」との呼び声も高く大ヒットとなっている。勇気あふれるヒーローの登場が時代に新しい風を吹き込む。映画『ワンダーウーマン』は8月25日(金)全国ロードショー。

____________________________________________________________

『ワンダーウーマン』

2017年8月25日より 全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34074748

<ワンダーウーマンクリエイターズ コラボ>第二弾アーティスト発表『ワンダーウーマン』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事