« 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto: CODA』第74回ベネチア国際映画祭 公式出品が決定! | メイン | フランソワ・オゾン監督の新たなる最高傑作『婚約者の友人』10月21日(土)公開、邦題決定 »

2017年7月28日 (金)

オスカー7部門受賞作「恋におちたシェイクスピア」のジョン・マッデン監督最新作『女神の見えざる手』邦題・公開日決定&ティザーポスター 完成

0728_003



オスカー7部門受賞『恋におちたシェイクスピア』、そして大ヒットした『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のジョン・マッデン監督がメガホンと撮り、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステインが主人公のエリザベス・スローンを怪演した「Miss Sloane」(原題)の邦題が、『女神の見えざる手』で決定し、10月20(金)TOHOシネマズシャンテにて公開する事が決定。邦題決定と共に本作のビジュアルも完成した。

オリンピック誘致、トランプ当選……その陰ではロビイストが活動していた!政権の決断に影響を与え、世論も左右するプロの集団がいる。その名は「ロビイスト」。いったい彼らは、どんな戦略を巡らせて、その見えざる手で権力をも操作し、人々の心を動かしていくのか?「銃規制法案」という生々しいトピックを題材に、ロビイストの知られざる実態に迫る、問題作にして話題作が誕生した。

監督は『恋におちたシェイクスピア』、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のジョン・マッデン。主人公のエリザベス・スローンを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたジェシカ・チャステイン。本作では“仕事人”としての矜持と人間くささの両面を見事に体現し、観る者の目をクギづけにする演技で、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされている。

共演者には、『キック・アス』『キングスマン』のマーク・ストロング、トニー賞受賞歴もある名優ジョン・リスゴーなどが脇を固め、物語により重厚なリアリティをもたらしている。ロビー活動の攻防には巧妙な罠も仕掛けられ、一瞬先も読めないハイレベルのサスペンスが展開。逆転に次ぐ逆転劇の末にもたらされる結末は、予想外に清々しく、エモーショナル!エリザベス・スローンの決意と運命に、心を揺さぶられない観客はいないだろう。この秋、これまで味わったことのない興奮と感動がもたらされる!


____________________________________________________________

『女神の見えざる手』

2017年10月20日より TOHOシネマズシャンテほか全国にて
配給:キノフィルムズ/木下グループ
公式HP:http://miss-sloane.jp/
(C)2016 EUROPACORP FRANCE 2 CINEMA

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事