« ハローキティが洋画のプロモーションで初のコラボ!!ハローキティファンのハリウッド監督も歓喜! 『ワンダーウーマン』 | メイン | 映画「こどもつかい」公開直前!「こどもつかい」の謎に迫る!?《メッセージアプリ風特別コンテンツ》登場!真相に近づいていくと怪奇現象が…? »

2017年6月15日 (木)

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』辻本貴則&押井守スペシャルトークイベント

0615_003


フルCGアニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の上映後トークショーが6月13日(火)に東京・新宿の新宿ピカデリーで開催され、辻本貴則監督と辻本監督の“師”である押井守監督が登壇。次回作の構想も含む(?)熱いトークを繰り広げた。

押井監督は映画を見終えたばかりの観客に「辻本がお世話になってます。ふつつか者ですが、やっとこれで男になったかな?」と愛弟子の映画が多くの人に愛されていることにホッとした様子。辻本監督は「僕は、小4で『うる星やつら』を見たので、そんな押井監督が僕の映画のトークイベントでゲストに…」と感慨深げだった。


本作の制作中も「本当はいけないんだろうけど、ちょこちょこ相談して、(シーンを)見てもらっていた」という辻本監督。一方、押井監督は、そこで見せられた時は口に出さなかったダメ出しがあったとか…。ゾンビ化したドーベルマンが登場するシーンんだが、押井監督は「動きじゃなく、モデリングの部分なので、どうせこの段階では手遅れだと思って言わなかった…」と明かし「本物のドーベルマンを見れば、あの足の太さはない。太すぎる」と犬好きで知られる押井監督ならではの指摘を口にする。


押井監督は実は、YouTubeで「バイオハザード」ゲーム実況を「死ぬほど見て」、かなり詳しくなっているそう。その理由について「バイオハザード」で「動きの快感原則の新しい可能性を感じたから」と説明。「普通のゲームでは、格闘は格闘、銃撃は銃撃だけど、これはパンチやキックに銃器が絡む。新しいモーションの原則を見出した」と語る。ちなみに押井監督がこういう感覚に陥るのは「バーチャファイター」以来、久々のことだという。


辻本監督は、押井監督が「次(=次作の『バイオハザード』の監督)を狙ってる匂いがする(笑)」と指摘。これに押井監督は「狙ってないけど、オファーが来たら絶対に断らない(笑)」と野心を隠さない。今回は「オヤジ2人(クリス&レオン)」が主人公だが、辻本監督からの「男性キャラには興味ないでしょ?」という問いに「全然ない」と即答。今回、登場する女性キャラのレベッカについても「女性キャラの中で下から2番目くらい。私の好みじゃない」とばっさり! 


その上で、押井版バイオハザード映画の構想(妄想?)について「オヤジ2人の映画にするつもりはない。(主人公は)やっぱりジルでしょ! (女性キャラの中で)2位、3位がないくらいダントツです。でも、もうひとり対になるキャラクターも必要。それは男じゃない。女性主人公の相手が男だと、どうせ恋愛関係になるんでしょって見られる。それがイヤ! 相手役も女性にしてバリバリハードにしたい。ヘレナがいいですね。理想としては敵も女性がいい。(主要キャラが女性だと)“母性”も絡んできて、奥行きが出る」と弟子の作品そっちのけで熱く語り、劇場は笑いと興奮に包まれていた。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』は大ヒット上映中。


____________________________________________________________

『バイオハザード:ヴェンデッタ』
2017年5月27日より全国にて
配給:KADOKAWA
公式HP:http://biohazard-vendetta.com/
(C)CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34066369

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』辻本貴則&押井守スペシャルトークイベントを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事