« お騒がせ俳優!チャーリー・シーンが再起を図る『ナインイレヴン 運命を分けた日』9/9(土)公開&邦題が決定 | メイン | 「ワイドショーを見るよりも勉強になる」とヤン・ヨンヒ監督も絶賛!『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開中トークイベント »

2017年6月16日 (金)

世界的バレエダンサー熊川哲也、“愛が大事!”パッションに共感 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替え版に出演決定

0616_004


『最強のふたり』の製作陣が初のアニメ映画に挑み、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などの名作アニメーションを世に出してきたアニメーター、パリ・オペラ座の芸術監督が集結!花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描いた『フェリシーと夢のトウシューズ』が 8 月 12 日(土)より全国公開となる。



土屋太鳳が声優を務める主人公フェリシーの情熱と可能性を見い出し、厳しくも見守り続けるパリ・オペラ座 バレエ学校のカリスマ指導者メラントゥ役を、世界的バレエダンサーの熊川哲也氏が務めることに決定!東洋人として初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団した熊川は、史上最年少でソリストに昇格し、その後プリンシパルに任命される。数々のバレエ団に客演で話題を呼び、98 年に英国ロイヤル・バレエ団を退団。そして 99 年、Kバレエカンパニーを創立しバレエダンサーとしてのみならず芸術監督として、日本のバレエ界を牽引し続け、現在は次世代の発掘にも力を入れている熊川。これ以上の適任はいないまさに、夢のキャスティングが実現した。

熊川は、「(今回のオファーについて)声優は経験したことがなかったので興味はありましたけれど、僕のすべてであるバレエという題材と、僕自身も沢山の生徒を教えていますので、フェリシーのバレエへのひたむきな情熱や、夢や希望へ向かっていく姿が心に染みました。いちばん驚いたのがダンサーの動き。作品のクオリティの高さは感じましたが、デフォルメをしつつ、非常にしっかりしていながらも可愛らしい動きに驚きました。」とコメントを寄せる。演じる役柄について、自身も指導者という立場から「(指導者は)根底に愛がなくてはいけないと思う。バレエに対する愛はもちろん、人間愛が必要だと思います。子供たちは敏感なので嘘をつけないし、バレエの厳しさや現実を教えるのは、自分自身も苦悩している場面があり、同じような経験をしています。この映画は、そんな中でも奮闘するフェリシーがとても可愛らしく、ほっこりして癒されました。子供だけではなく、教育に携わる人、芸術家、子供をもつ親、すべての大人たちが共感できるシーンがあると思います。」と熱い思いを語った。

『フェリシーと夢のトウシューズ』は、19 世紀末のフランスを舞台に、パリ・オペラ座でバレリーナになることを夢見て施設を飛び出した、ひとりの少女の物語。パリの息づかいが感じられる風景の中、セーヌ川にかかる橋の上で、建設中のエッフェル塔で、軽やかに跳び、優雅に踊るフェリシー。アニメーションだからこそ描けた、彼女の魔法のようなきらめき、躍動感に目も心もすべてを奪われるはず。


自分の限界に挑戦し、何度でも立ち上がる前向きな彼女の姿に、夢を忘れかけた大人も、夢を追いかけている真っ最中の子どもたちも、観れば心が躍り出す、感動のエンターテイメントとなっている。

____________________________________________________________

『フェリシーと夢のトウシューズ』

2017年8月12日より新宿ピカデリーほかほか全国にて
配給:キノフィルムズ
公式HP:http://www.ballerina-movie.jp/
(C)2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34066567

世界的バレエダンサー熊川哲也、“愛が大事!”パッションに共感 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替え版に出演決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事