« 『劇場版マジンガーZ』(仮題)フランス・アヌシーに永井豪初降臨でファン大熱狂!大号泣!アヌシー国際アニメーション映画祭<イベント現地レポート>&<トリプル大発表> | メイン | 世界的バレエダンサー熊川哲也、“愛が大事!”パッションに共感 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替え版に出演決定 »

2017年6月16日 (金)

お騒がせ俳優!チャーリー・シーンが再起を図る『ナインイレヴン 運命を分けた日』9/9(土)公開&邦題が決定

0616_005


ニューヨーク出身のチャーリー・シーン(『プラトーン』)、ウーピー・ゴールドバーグ(『天使にラヴ・ソングを...』)、ジーナ・ガーション(『フェイス/オフ』)、そしてニューヨークを愛するスタッフキャストがマルティン・ギギ監督のもとに集結し、2001 年 9 月 11 日、NYワールドトレードセンタービルで起きた米同時多発テロ事件をビル内部の視点から描いた“9/11(原題)”が邦題『ナインイレヴン 運命を分けた日』として9月9日(土)より新宿武蔵野館、丸の内TOEI他全国ロードショーされることが決定した。アメリカでは9月8 日公開と日米ほぼ同時公開となる。

2001 年 9 月 11 日に起きた米同時多発テロ事件は、アメリカと世界に大きな衝撃をもたらした。この運命の朝を境に、世界はテロを起こす側と起こされる側に分かれ、新たなテロ戦争へと突入していく。本作は歴史の分岐点でもある大事件を題材にしながらも、パーソナルな物語にフォーカスすることで、現代の世界が抱えている問題―テロリズム、人種、移民、経済格差といったことから、家族の愛という人間の深部までを浮き彫りにしていく。たくさんの約束が守られず、果たされなかった日。だからこそ、本当の大切な人に気付く瞬間を鮮明に活写させることで、単なる映画としてだけでなく、犠牲となった人達の想いを掬いあげる時間へと昇華させた、魂に語りかける人間ドラマとなっている。

「16 年前、この悲劇を通して、私たちは同じ感情を分かち合いこの国は団結した。でも今私たちはそれを忘れかけています。だからこそ、いまこの映画、物語に挑戦してみたかったのです―。」「アイ・ソウ・ザ・デビル~目撃者~」<未>でメガホンをとり作曲家でもあるマルティン・ギギ監督はそう語り、実話からインスピレーションを得、9.11 を題材にした舞台「エレベーター」の映画化を熱望。

主演のジェフリー役には、ニューヨーク出身のチャーリー・シーンを迎え、身勝手なウォール街の権力者だが、迫り来る危機に直面して初めて見せる愛する妻への真摯な愛、混乱するエレベーター内のリーダー格として突破口を探し続ける姿など、私生活でスキャンダラスな話題を提供し続け、最近では26歳の新恋人出現、とホットな話題を振りまくなどお騒がせ俳優としてメディアを沸かせているが、久しぶりにスクリーンで観る者を釘付けにする入魂の演技は大注目だ。

そして、ハリウッドの一時代を築いたウーピー・ゴールドバーグは、閉じ込められた5人を唯一の通信手段であったインターコム越しに励まし続ける勇気ある女性を演じている。同じくニューヨーク出身のジーナ・ガーションがジェフリーの妻イヴ役を務め、その他ルイス・ガスマン(『マグノリア』)、ウッド・ハリス(『アントマン』)、オルガ・フォンダ(『リアル・スティール』)、イヴの母親役に往年の大女優ジャクリーン・ビセットが見事な存在感で華を添え、実力派俳優陣のアンサンブルが織りなす衝撃の感動作が誕生した。


____________________________________________________________

『ナインイレヴン 運命を分けた日』

2017年9月9日より新宿武蔵野館、丸の内TOEIほか全国にて
配給:シンカ
公式HP:http://nineveleven.jp/
(C) 2017 Nine Eleven Movie, LLC

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34066570

お騒がせ俳優!チャーリー・シーンが再起を図る『ナインイレヴン 運命を分けた日』9/9(土)公開&邦題が決定を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事