« 『エル ELLE』賞レース席巻の異色作、日本公開日が8月25日(金)に決定!! | メイン | したコメ史上一番ほのぼのしたメインビジュアル到着!今年はぼのぼの作者いがらしみきお氏が担当!「第 10 回したまちコメディ映画祭 in 台東」 »

2017年6月 9日 (金)

キアヌ全力投球のトレーニング映像解禁!『ジョン・ウィック:チャプター2』

0609_003


2015年に日本公開され、スマッシュヒットを記録したキアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』の続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』(全米公開日2月10日)。全米では前作の2倍以上の成績(約3千万ドル=約30億円)を上げ、オープニングからたった8日間で前作トータル興収(前作総興収約4.3千万ドル(589館))超えの約4.6千万ドル!という大ヒットを記録した話題のノンストップ・キリングアクション映画がついに日本に上陸!監督チャド・スタエルスキが続投し、主演キアヌ・リーブスほか前作とおなじみのキャストに加え、真打登場とばかりに「マトリックス」の盟友ローレンス・フィッシュバーンも参戦!ニューヨークからローマと世界を股にかけ、全てにおいてスケールアップした「ジョン・ウィック」、全世界待望のあの“男”が、七夕に帰ってくる。


本作の醍醐味であるアクションシーンの裏側に迫った、トレーニングメイキング映像が解禁となった。また日本で活躍するレジェンド達より、本作への愛が詰まった応援コメントが続々到着!


映画『ジョン・ウィック:チャプター 2』特別映像「トレーニング」
https://youtu.be/dJVZ5fcPex8


今回到着した映像でキアヌは、「本作の大半はアクションだ。テイク数も多くフットワークも大切だ。スーツを着直しトレーニング再会だ」と語ると,本編では決して見る事の出来ない、トレーニングの裏側が映し出されていく。「車、銃、ナイフ・・・。基本的なものばかりだけどモノにしないとね」とキアヌは茶目っ気たっぷりに言いうが、道着を着用し格闘シーンに勤しむ姿は“プロの格闘家では”とつい思いたくなるほどの完成度を披露! またバイク愛好家としても知られるキアヌですが、車の運転もプロ級で、90度・180度ドリフトトレーニングに励んでおり、前作でも見せてくれたカーアクションは健在なのだと証明してくれた。


前作でも監督を務めたチャド・スタエルスキ監督は「キアヌはどんなアクションにも挑み、全てに全力投球だった。日本の柔術、ブラジリアン柔術、スリーガンマッチ、柔道を合わせて“ガン・フー”を編み出した」と、真面目で誠実に役作りに挑むキアヌだからこそ、新たな技を編み出せたと明かしている。またグラミー賞ラッパーでありながら『スーサイド・スクワッド』(16)などの映画でも活躍するコモン、『トリプルX:再起動』(17)で鮮烈な印象を残したルビー・ローズが聾唖の殺し屋を怪演! 前作を凌ぐアクションシーンと、脇を固める個性派キャスト達と織り成すドラマに胸を熱くさせずにいられない。


そんなアツい本作に向けて、日本で活躍するレジェンド達から応援コメントが到着! 「最高に心地よい悪党達、最高に心地よいアクション、最高に危険な映画、たまらない。ジョンの帰りを待っていました!」と米国アカデミー賞ノミネート経験を持つ、女優・菊地凛子は本作を大絶賛! 国民的劇画漫画・「ゴルゴ13」の作者・さいとう・たかをは、「リアルなアクション、味のあるキャラをキアヌは見事に体現している。主人公が持つ殺し屋独特の雰囲気や“影”、それはゴルゴとも重なる部分がある。」と、主人公である伝説のスナイパー・デューク東郷との共通点を見出してくれた。みんなに愛される、熊本県営業部長兼しあわせ部長であるくまモンは、「武者んよか(かっこいい)キアヌさんが帰ってきたモン!日本に来たら、ぜひ熊本にも来てはいよー(来てください)!」と言い、キアヌの来日を心待ちしているご様子。俳優・武道家として活躍し、“日本男児”のお手本と言うべき藤岡弘、は、「最愛の痛みを胸に、戦いつづける不撓不屈の男。鍛え抜かれた肉体、強靭な意志、これこそ本物の実戦。自分と同じ匂いに血が騒ぐ。」と、ジョン・ウィックの生き様と、アクションシーンに感銘を受けたと侍らしいコメントを贈った!


その他にも各界からも応援コメントが到着しており、業界ザワザワ騒然!としている。キアヌ・リーブス達が生み出した、強烈なアクションレボリューション大作を、是非、劇場で味わいたい。

赤ペン瀧川(映画コメンテーター)
この世界観と物語にハマらないはずがない。俺が観たかったキアヌ・リーブスの全てがこの映画に詰め込まれている。最高だぜ、マジで。


有村昆(映画コメンテーター)
ぼっち飯や、激太りなど乗り越え、キアヌ完全復活!
セガールやニーソンを引き継ぎイカレるオヤジ大暴走!漢なら見るべし!


石井 健夫<銃器&映画ライター>
銃器描写、ガンファイト描写で記憶に残る映画は過去にもあったが、全上映時間の20%近くをこれほどマニアックに濃厚に銃弾で埋め尽くした作品は初めてでは?ワールドクラスシューター=タラン・バトラー氏による30,000発超の実弾射撃訓練を経て美しく洗練されたキアヌのガンアクションに酔いしれた。”


市川力夫(ライター)
登場する殺し屋も、キル・カウントも、
世界観の荒唐無稽さも、予想以上の大増量!
そしてなによりキアヌへの信頼度が超増量!


宇野薫(格闘家)
殺気を感じてからの、間合いと瞬時の判断能力が凄い。
格闘技目線で観てもジョンウィックのアクションスタイルに見入ってしまう。


越智啓太(法政大学 犯罪心理学)
壮絶なアクションなのに、見惚れるほどスタイリッシュでスマート。暗黒社会で生きることを強いられたウィックの孤独と悲しみが胸に迫る。新しい時代のハードボイルドだと感じました


大仁田厚(プロレスラー)
男の引退はむずかしい?究極のハードコア・アクション。
殺る、殺る、殺る(ルビでキル)のノンストップムービー、ここに極まる!


小川直也(プロ格闘家)
キアヌ・リーブスのアクションにビックリ!
前作よりも柔道の場面が多く、オレが見てもかっこいいんだ。


菊地凛子(女優)
最高に心地よい悪党達、
最高に心地よいアクション、
最高に危険な映画、たまらない。
ジョンの帰りを待っていました!


キラー・カーン(伝説のヒールプロレスラー)
俺の必殺技はモンゴリアンチョップ&ダブルニードロップだったが、ジョン・ウイックのガン・フー、ナイ・フー、カー・フーの迫力は圧巻。観ていてグッと吸い込まれた。最近にない胸がスカッとする映画だ!


ギンティ小林(男の墓場プロ所属 ライター)
ナメてた相手が、実は殺人マシンでした!」映画の続編がなんと!前人未踏の世界殺人マシン・オリンピック映画に進化しました!


くまモン(熊本県営業部長兼しあわせ部長)
武者んよか(かっこいい)キアヌさんが帰ってきたモン!
日本に来たら、ぜひ熊本にも来てはいよー(来てください)!


小堺一機
前菜の美味さに唸り、メインの旨味に舌鼓。デザートに驚愕し、我を忘れて次回の予約!ビストロジョン!星三つです!!


さいとう・たかを(劇画家)
リアルなアクション、味のあるキャラをキアヌは見事に体現している。
主人公が持つ殺し屋独特の雰囲気や“影”、それはゴルゴとも重なる部分がある。


桜井マッハ速人(総合格闘家)
ド派手なアクションの連続、音楽、スピード感をぜひ体感してほしい!
殺し屋同士でも礼儀を重んじるところが、武道チックでこれもまたおもしろかった。


関根勤(タレント)
素晴らしい!最初から最後まで息つくひまもない!
最新の格闘技テクニックと銃アクションの融合は目を見張る!


高橋名人(ゲームプレゼンター)
ジョン・ウィックに惚れました。第1作公開直後から、この続編を望んでいました。所作の全てにおいて大満足な作品です。


寺門ジモン(お笑い芸人)
ジョン・ウィック!プロ中のプロの殺しは最強にして美しい。
あなたは映画館でその美的スキルの虜となり、目撃者にもなり、絶対に逃げられない‼


原幹恵(女優)
冒頭からの激しいカーアクションに生身でのアクション!アクション好きの私としては最初から最後まで手に汗握り、
時には思わず目を手で覆い、興奮しっぱなしでした。ジョン・ウィック!カッコ良すぎです!!すっかり彼の虜になってしまいました。

パンツェッタ・ジローラモ(エッセイスト)
カーアクションがワクワクするネ!
私の生まれ育ったイタリアの街並みもいっぱい出てくるよ。そこも是非注目ダヨ!


藤岡弘、(俳優・武道家)
最愛の痛みを胸に、戦いつづける不撓不屈の男。
鍛え抜かれた肉体、強靭な意志、これこそ本物の実戦。
自分と同じ匂いに血が騒ぐ。


魔裟斗(元K-1世界チャンピオン)
キアヌ・リーブスの男の色気満載!!前作をさらに上回る銃撃戦に加え、随所に見せる格闘技の本格的な技術も必見です。


山本千尋(女優・武術家)
前作以上にガンフーアクションが盛り沢山で終始目が離せないスリル満点な作品でした。
劇場でこの興奮を体感してほしいです。


よしひろまさみち(ライター)
愛車と愛犬ヤラれてブチキレ→皆殺しの前作。続編もジョン・ウィックvs世界の殺し屋の壮絶バトルにブットビ。

____________________________________________________________

『ジョン・ウィック:チャプター2』

2017年7月7日よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて
配給:ポニーキャニオン
公式HP:http://johnwick.jp/
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34065225

キアヌ全力投球のトレーニング映像解禁!『ジョン・ウィック:チャプター2』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事