« 全国の介護職員195万人の想いをのせて、注目俳優・戸塚純貴 主演 映画『ケアニン ~あなたでよかった~』公開日決定&予告編解禁 | メイン | ドラマ「冬のソナタ」ユン・ソクホ監督初の劇場用映画 『心に吹く風』完成披露試写会 »

2017年5月19日 (金)

『残像』アンジェイ・ワイダ監督、最後のメッセージ 亡き巨匠を語る、公開記念講座が実施決定!

0519_005


カンヌ国際映画祭で1981年最高賞パルムドールを受賞し、2000年に米アカデミー賞名誉賞を受賞したポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の最新作であり、遺作となった『残像』が6月10日(土)、岩波ホールほかにて公開となる。本作の公開記念講座の実施が決定した。

2016年10月9日に享年90で急逝した巨匠アンジェイ・ワイダ。ワルシャワ蜂起など史実に材を取った作品を撮り続け、レジスタンスの体験を基にした『世代』(54)、対ソ連の地下抵抗運動を描いた『地下水道』(56)、第2次大戦前後のポーランド社会の流転を描いた『灰とダイヤモンド』(58)など、「抵抗3部作」で国際的な評価を獲得した。

渾身の遺作となった本作は、第二次世界大戦後、ソヴィエト連邦の影響下に置かれたポーランドを舞台に、スターリンによる全体主義に脅かされながらも、情熱的に創作と美術教育に打ち込む実在画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキを描く。この度、本作の公開を記念した特別講座の実施が決定。今は亡きワイダ監督の足跡を知り、テーマへの理解を深める貴重な機会になるだろう。

6月12日(月)13:30~15:00/「残像」とワイダ監督「残像」の公開を記念して、ポーランドの映画研究者である、タデウシュ・ルベルスキ教授を招きして、トークイベントを実施。(通訳:久山宏一氏)


◎講演者:タデウシュ・ルベルスキ氏1949年生まれ。ヤギェロン大学(クラクフ市)教授。現代ポーランドを代表する映画研究者。専門はポーランド映画(特にワイダ作品)、フランス映画、文学と映画の相関関係。
主著:『ポーランド映画史』、『ワイダ』、『ヌーベルバーグ』
主催:ポーランド広報文化センター、アルバトロス・フィルム、岩波ホール
6月16日(金)13:30~15:00/<残像>とポーランド・アヴァンギャルド100年
映画ではあまり紹介されていない、主人公ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキと妻カタジナ・コブロの造形作品を多数スライドで紹介。二人の生涯や著作を語るとともに、アヴァンギャルド芸術と社会主義について考える。
◎講演者:関口時正氏/東京外語大学名誉教授(ポーランド文化)
◎内容:講義60分+質疑応答30分
主催:NPOフォーラム・ポーランド組織委員会  共催:ポーランド広報文化センター、アルバトロス・フィルム、岩波ホール
◎岩波神保町ビル9階 シネサロンにて
◎定員40名、先着順 (当日、10時30分より10階にて整理番号券を配布)
◎入場無料 (映画を事前にご鑑賞いただいている方が対象。整理番号券受け取り時にチケットの半券要提示)

映画『残像』は6月10日(土)、岩波ホールほか全国順次公開。

____________________________________________________________

『残像』

2017年6月10日より岩波ホールほか全国にて順次公開
配給:アルバトロス・フィルム
公式HP:http://zanzou-movie.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34061447

『残像』アンジェイ・ワイダ監督、最後のメッセージ 亡き巨匠を語る、公開記念講座が実施決定!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ