« 『パーソナル・ショッパー』メイクアップアーティスト・ピカ子、イガリシノブほかファッショニスタたちから共感&絶賛コメントが続々到着! | メイン | 松坂桃李 × 吉高由里子 × 松山ケンイチ『ユリゴコロ』ティザービジュアル、特報映像が解禁 »

2017年4月28日 (金)

原題「LA VITA POSSIBILE」邦題決定 10月下旬公開『はじまりの街』

0427_006


4/29(土)から開催する 2017 年イタリア映画祭上映作品 原題「LA VITA POSSIBILE」の邦題が『はじまりの街』に決定し、10月下旬より岩波ホールほか全国順次ロードショーとなる。

『幸せのバランス』『われらの子供たち』で、家族の物語をとおして社会の現状を映し出して来たイヴァーノ・デ・マッテオ監督が、イタリアが誇る大女優マルゲリータ・ブイ(『母よ、』『はじまりは5つ星ホテルから』)と、ヴァレリア・ゴリーノ(『レインマン』『人間の値打ち』)を主演に迎えて描く、一組の母と息子が、彼らを温かく見守る周囲の人々と織り成す人間ドラマ。

過ちを嘆いたり、幸運を忘れたり、それでも人生より素晴らしいものはない。 らしいものはない。大きな世界の片隅に、ひっそりと幸せを願う一組の親子とそれを見守る心優しき人たち。秋深まる北イタリアのトリノ。アンナとその息子ヴァレリオはローマからスーツケース一つを提げ、この街にやってきた。夫のDVから逃れ、親友カルラを頼って心機一転新しい生活を切り開くつもりだ。しかし、アンナは見知らぬ土地で仕事探しに焦り、ひとり寂しい時間を過ごすヴァレリオとの溝は深まるばかり。そんな親子をさりげなく見守る陽気なカルラに、近所のビストロオーナーの温かいまなざし。人生最高の日がやってくるまで、どんな逆境にもめげない母の勇気と健気な息子の優しさに胸が熱くなる。美しいトリノの街を舞台に、新たな人生の可能性を指し示してくれる感動作。ラストを飾るシャーリー・バッシーの名曲「This is My Life」がいつまでも心に響くことだろう。


____________________________________________________________

『はじまりの街』

2017年10月下旬より、岩波ホールほか全国にて順次公開
配給:クレストインターナショナル

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34057581

原題「LA VITA POSSIBILE」邦題決定 10月下旬公開『はじまりの街』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事