« 『家族はつらいよ2』さらに自信作!共演三度目で息ぴったり!まるで本当の家族のような掛け合いに会場大爆笑! | メイン | 知念侑李(Hey! Say! JUMP)×中川大志×小松菜奈 主要キャスト決定! 映画『坂道のアポロン』映画化 »

2017年4月27日 (木)

4.26エイリアン・デーでファン熱狂!『エイリアン:コヴェナント』衝撃の予告編解禁&公開日が9.15に決定!!

0427_002


1979年の歴史的傑作となった『エイリアン』シリーズに繋がり、原点を描く作品であることも発表されている『エイリアン:コヴェナント』の日本公開が9月15日(金)に決定した。本作は、『エイリアン』の生みの親であり、監督を務めたリドリー・スコットが、38年の時を経て再びメガホンを取ることでも、更なる注目を集めている。この度、ついに待望の予告編が公開となった。


滅び行く地球から脱出した宇宙船コヴェナント号の乗組員は、皆カップルで構成され、人類移住計画を託された最後の希望だった。彼らは、未知の楽園を発見し、そこは人類にとって楽園となるはずだった…。しかし、そこは暗黒の危険な世界だった。想像を超える脅威を見出した彼らは、命からがら逃げ出さなければならない。“宇宙の楽園”が恐るべき真の姿を現したとき、私たちはかつてない驚きと衝撃に満ちた新たな神話の目撃者となる!

到着した映像では、女性主人公ダニエルズの「新しい生命の誕生よ」というセリフから危険な地でありながらも、移住計画が着実に進んでいるのかと思いきや、顔面に張り付くエイリアン、フェイスハガーをはじめとする衝撃のエイリアンの姿を目撃することになる。「怖いモンスターをつくることは難しい。一番難しいことは、人を心底怖がらせることだと思っている」と言うスコット監督が追求したエイリアンの姿に注目だ。そして、“アンドロイド”を演じるマイケル・ファスベンダーは「『エイリアン』を思い出させるシーンもあるが、舞台が船の中だったのに対し、本作は船の中だけじゃないんだ」と閉鎖的な環境での衝撃に留まらないことを明かした。


そして、本作への期待が高まる昨日4月26日は、エイリアンが初めて発見された惑星の名前"LV-426"に由来して、"エイリアン・デー"という世界的に定められた記念日だった。全世界でイベントが実施され、『エイリアン:コヴェナント』公開直前ということもあり、例年以上に盛り上がりをみせた。特に日本では、時差の関係で世界で一番早い実施、及び世界共通の当日しか配布されないエイリアン・デー特別ポスターがもらえるとあって、当時を知らない世代も目立ち、女性二人客も多く、フィギュア持参で撮影するファンやなどで満席となった。

そして、TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、『エイリアン』の初デジタル上映と『エイリアン:コヴェナント』の初公開特別映像上映、及びアメキャラ系ライター 杉山すぴ豊とアートディレクター、ライターである高橋ヨシキがトークショーを開催し、特別な1日となった。2人は集まった熱狂的なファンを前にし、杉山は、「前年に『スター・ウォーズ』が公開されて、のどかなエイリアンを観ていたから、衝撃が凄かった。カリスマ性がハンパなかったですね」と1作目公開当時を振り返った。そして、高橋は最新作公開を前に「リドリー・スコット監督は、モノづくりはさることながら、盛り上げるのが凄く上手い監督。際どい表現を恐れないので、『エイリアン・コヴェナント』でも期待を上回るものを観せてくれると思う」と公開を前に興奮を隠し切れない様子。


1979年に公開され、歴史的傑作となった『エイリアン』、『グラディエーター』、『オデッセイ』と常に大ヒット作を世に送り出してきたリドリー・スコット監督が、自身で作り上げてきた世界に戻ってきた本作。途方もない脅威と、かつてない驚き、衝撃に満ちた新たな神話に世界中の熱が高まるばかりだ。

『エイリアン:コヴェナント』予告編
https://youtu.be/GYbU_20FXqs

____________________________________________________________

『エイリアン:コヴェナント』

2017年9月15日より全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/alien/
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34057452

4.26エイリアン・デーでファン熱狂!『エイリアン:コヴェナント』衝撃の予告編解禁&公開日が9.15に決定!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事