« 『ハクソー・リッジ』戦場の常識を覆し続けた男の姿をとらえたティザーポスターが完成! | メイン | 熱狂の電脳LEDカーペットに満開の桜が咲き乱れスカーレット達から、日本一早い開花宣言!?『ゴースト・イン・ザ・シェル』レッドカーペット イベント »

2017年3月17日 (金)

クレイジーなクセ者ギャングに、全員キャラ変!!『フリー・ファイヤー』

0317_02


REGENTS配給にて、マーティン・スコセッシ製作総指揮、ベン・ウィートリー監督(『ハイ・ライズ』)の最新作『フリー・ファイヤー』が4月29日(土)よりGW全国ロードショーとなる。

本作は2016年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門(世界中からエッジの効いた破天荒な映画を集めた部門。2013年には、園子温監督『地獄でなぜ悪い』(13)が受賞するなど、近年では日本の映画ファンからも大注目される映画賞!)で見事、最高賞の”観客賞”を受賞した全世界大注目の話題作!


とある倉庫で行われた銃取引に集う2組のギャングが、些細な行き違いからまさかの大乱闘バトルロワイアルに発展!!

罵声飛び交う90分間ノンストップ銃撃戦の末、最後に笑うのは一体誰だ――!? ノンストップ・ハイテンションで繰り広げる銃撃戦と、どこか間抜けなギャングたちの掛け合いがブラックな笑いを誘う、今年のGW最もヤバい最狂映画に日本も熱狂すること間違いなし!

そんな本作、紅一点の女ギャングに扮するオスカー女優 ブリー・ラーソンの過激すぎるキャラ変ぶりが話題だが、それに負けずとも劣らない主要キャストの目を疑うようなキャラ変場面写真が3点解禁!


去年公開された、音楽で紡ぐ愛と友情を描いたジョン・カーニー監督の『シング・ストリート 未来へのうた』で特に「泣ける」とシングストリーター(熱狂的なファン)の胸を熱くさせた弟想いの兄・ブレンダンを演じたジャック・レイナーは、ひげと髪を伸ばし“ヒッピー風ギャング”に。怒号を飛ばし制止を振り切って襲いかかろうとする気性の荒さが場面写真(下)からうかがえる。 また、往年の名作にゾンビ要素を掛け合わせ大胆に脚色した『高慢と偏見とゾンビ』ではツンデレな態度で世の女性を萌えさせたイケメン騎士ダーシーを演じたサム・ライリーが今度は、スカジャン姿で地面を這いつくばいながら絶叫する情けなすぎる“チンピラギャング”に!(真ん中) そして『コードネーム U.N.C.L.E.』で、まじめキャラな凄腕スパイを演じたアーミー・ハマーはちょっとイタい“ナルシストギャング”に!ひげを伸ばしてもさすがに容姿端麗ではあるものの、“凄腕スパイ”とは程遠い息も絶え絶えな様子で銃を向ける姿はどこかコミカルでクスリと笑える(上)。 去年公開作品でもひときわ目立つ印象を残し、近年映画界の中心的俳優となった彼らのイメージを帳消しにするほどのアクの強いクセ者ギャングへの変貌に是非注目!

____________________________________________________________

『フリー・ファイヤー』

2017年4月29日より全国にて
配給:REGENTS
公式HP:http://freefire.jp/
(C) Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016/Photo:Kerry Brown

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34048662

クレイジーなクセ者ギャングに、全員キャラ変!!『フリー・ファイヤー』を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事