« “ここさけ”実写化決定! 7月22日公開『心が叫びたがってるんだ。』 | メイン | 『パワーレンジャー』レンジャー5人とメカたちの疾走感あふれるポスタービジュアルが解禁! »

2017年3月15日 (水)

謎の文字からは想像できない“世界絶賛の感動ドラマ”が待ち受ける“メッセージ”を理解した時、あなたは涙が止まらない『メッセージ』日本版予告編

0316_01



アカデミー賞8部門ノミネートを初め、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作『メッセージ』(5月19日(金)公開)。巨大飛行体から人類が受け取った美しくも哀しいメッセージと、娘を亡くした言語学者ルイーズ(演:エイミー・アダムス)の切なすぎる決断に全世界が涙し、世界各国でリピーターが続出している。この度、本作の日本版予告編が解禁。突如やってきた巨大飛行体の革新的なビジュアルと、名女優エイミー・アダムスの感動ラストを予感させる演技との、ギャップが衝撃的な予告編となっている。

本作は、優れたSF作品に贈られる文学賞“ネビュラ賞”を初め、名だたる文学賞を数多く受賞している米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基に誕生した感動作。『ブレードランナー 2049』の監督にも大抜擢された奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、絶対に“映像化不可能”と言われていた本作を独創的な映像美と世界観で表現し、世界中の映画賞を席巻している。


解禁となった予告編では、主人公ルイーズが巨大な球体形飛行体で出現した”彼ら”と、コンタクトをはかる様子が映し出される。斬新すぎて思わず笑ってしまいそうな飛行体の見た目に加え、墨のように漂う表意文字の“メッセージ”には目を奪われてしまう。しかし観客にとって更なる衝撃となるのは、彼らの“メッセージ”の謎を理解した時、“号泣必至の感動ラストが待ち受ける”というギャップなのだ。奇妙なビジュアルでありながら感動作というギャップについて、世界の有力誌は「宇宙という壮大なテーマの中で、人間の哀しさを漂せ、内面に問いかけてくる」(ヴァニティ・フェア誌)、「時、記憶、人との関わり、そして生と死に対する考え方をすっかり覆させる、ヒューマニティあふれる感動的SF」(ロサンゼルス・タイムズ紙)と評している。絶賛の声の中にさまざまなキーワードが飛び出しているところにも、観客は想像力をかき立てられるはずだ。


そしてそのギャップの魅力をさらに際立たせてくれるのが、5度のアカデミー賞ノミネートを誇る実力派女優エイミー・アダムスの演技。予告編冒頭で「人生の転機は突然やってくる」というセリフと共に見せる彼女の涙は、その一瞬だけで観客の心を鷲掴みにし、胸を打つ。本作のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も、「アダムスは深みと美しい脆さとあふれるほどの人間性をルイーズに与えてくれた。僕が求めていた絶望感もね。彼女からは、“もう失うものは何もない女性”なんだと感じられ、それが見ていて悲しくも美しいんだ」と、感動作たる由縁は彼女にあるとも説明している。


さらに予告編では、巨大飛行体の全体像も新たに明らかになった。<海の上で縦型にひっそりするもの>、<街の上空で横たわるもの>、<夕日をバックに斜めになるもの>など、いろんな姿を見ると益々興味をそそられる。巨大飛行体はそのビジュアルが解禁となって以来”ばかうけ“、”柿の種“、”ハッピーターン“など、世界絶賛の感動作には似つかわしくなく日本を代表するお菓子に例える声がネット上で続出している。巨大飛行体の全貌が明らかになった本予告をきっかけに、日本中で更なる”飛行体の例え“が生まれることになりそうだ!


映画『メッセージ』本予告編解禁!
https://youtu.be/1GMGMzHRE4Q


____________________________________________________________

『メッセージ』

2017年5月19日より全国にて
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:http://www.message-movie.jp/

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事