« 今度の“トムヒ”は、コングも恐れぬタフな調査遠征隊リーダー トム・ヒドルストンが元イギリス陸軍特殊空挺部隊のスペシャリストに!『キングコング:髑髏島の巨神』 | メイン | 大政絢のバレンタインプレゼントに共演者からまさかのお返し!?『コスメティックウォーズ』完成披露舞台挨拶 »

2017年2月15日 (水)

ヴィン・ディーゼルとはマブダチ?!女性からも熱視線が送られる、全身タトゥーのお騒がせモデルルビー・ローズに大注目!『トリプルX:再起動』

0215_09



大ヒット作『トリプルX』(2002)の続編、『トリプルX:再起動』が2月24日(土)より全国公開となる。日本公開に先駆け1月20日(金)より、全世界55か国で公開を迎え、週末3日間のオープニング興行収入はワールド・ワイドで約7,050万ドルを記録、全世界興行収入No.1の大ヒットスタートを切った。※1月23日時点(日本時間)、Box Office mojo調べ

2002年、「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル主演で、週末のオープニングの興行収入が4千4百万ドルを記録、“トリプルX”現象を巻き起こし、日本でも大ヒットを記録した『トリプルX』、2005年、アイス・キューブ主演『トリプルX ネクストレベル』、そして今やハリウッドを代表するアクションスター、ヴィン・ディーゼルを再び主演に迎え、“トリプルX”が再起動するー。

数あるスパイアクション・ムービーとは一線を画す映画として、今回再起動するブロック・バスターシリーズ3作目となる本作は、世間から身を隠していたエクストリーム・スポーツ界のカリスマであるザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)が政府の極秘エージェントとなり、「パンドラの箱」と呼ばれる制御不能な軍事兵器を悪の力から奪回しようと、最強の敵ジャン(ドニー・イェン)と戦うこととなる。スリルを求める連中から召集された新たなチーム“トリプルX”と共に、ザンダーは全世界の政府最高権力者たちをターゲットとした世界壊滅の陰謀に巻き込まれていく。シリーズお約束のクールでウイットに富んだユーモアと、型破りで破天荒なアクションが満載!『トリプルX:再起動』は、観たこともない圧倒的なスタントの連続で、エクストリーム・アクション映画のレベルをさらにアップさせている。

ヴィン・ディーゼル演じるザンダーの右腕で、女性からも熱視線が送られる野性味あふれる凄腕の女スナイパー・アデルを演じた、ルビー・ローズにフィーチャーした特別映像が到着した。

『トリプルX:再起動』 ヴィン様のマブダチ女優!ルビー・ローズ特別映像
https://youtu.be/tOHkTLpQTuQ

Netflixの大ヒットドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で中世的な女性受刑者のステラ役を演じ評判を呼び、昨年末日本で公開し大ヒットを記録した『バイオハザード:ザ・ファイナル』(16)では、主人公アリスの仲間の一人であるアビゲイル役を演じミラ・ジョボヴィッチと共演、日本では7月7日(金)に公開となる映画『ジョン・ウィック:チャプター2』(仮題)』でキアヌ・リーブスと共演を果たすなど話題作への出演が続々と決まっているだけでなく、全身に掘られた多数のタトゥー、レズビアンを公表し世間を騒がせる一方、短編映画の脚本・プロデュース、モデルとして有名ファッション誌の表紙を飾るなど、多彩な才能と中世的な魅力で人気を博しているルビー・ローズ。


「天涯孤独で誰も信用してない。でも仲間のために何でもする。唯一無視のスナイパーよ」と一癖も二癖もあるアデルのキャラクターを説明するルビー。映像内では、ヴィン・ディーゼルと仲睦まじい現場での様子も収められていますが、ヴィンとの共演についてルビーは「ヴィンはオープンで寛大で寛容で、面白くてプロフェッショナルで仕事熱心で、完璧な現場を作りだしてくれたわ。ヴィンと共演して親友になることもできて、幼い頃の夢の次に最高な出来事が起きたって気分よ」と振り返り、ヴィンもまた「ルビーとオレの関係は、この映画を通して特にユニークで豊かなものになったから、現実の世界へも入り込んでいった」と明かしている。

____________________________________________________________

『トリプルX:再起動』

2017年2月24日より全国にて
配給:東和ピクチャーズ
公式HP:www.xandercage.jp
(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ