« ムンジウ監督 カンヌ3度目の受賞!『エリザのために』ポスタービジュアル&監督コメント解禁 | メイン | 韓国映画史上に残る究極のサスペンス・スリラー『哭声/コクソン』ナ・ホンジン監督、話題の監督最新作をひっさげ来日決定 »

2017年1月 5日 (木)

『午後8時の訪問者』ビジュアル&予告編が完成!!

0105_10


カンヌ国際映画祭で2度のパルムドール大賞のほか、数多くの賞を獲得している世界的な巨匠ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督。異例の7作品連続カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品となった彼らの最新作『午後8時の訪問者』が 2017年4月8日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となる。本作のビジュアルと予告編が完成した。

本作は、“名もなき少女”に何が起こったのかを探るミステリー。ちょっとした判断の迷いから失ってしまった“救えたかもしれない命”。出られなかった電話や読み逃していたメール、そしてドアを開けなかったベルの音――。「もしかして何かが変わったのではないか」と思わせる人生の転機はどこにでもある。その転機を探るうちに意外な真相にたどり着く…。これまでにない極上のヒューマン・サスペンスが誕生した。

完成したビジュアルは、本作の主演である若手実力派女優アデル・エネル演じる、主人公・ジェニーが、ドアの奥から、こちらを振り向いている印象的なビジュアル。「あの時、ドアを開けていれば――。」という含みのあるコピーには、ジェニーがドアを開けていれば何が変わったのか、と興味を惹くものになっている。

そして予告編は、ジェニーが少女の死の真相を探ろうとするも、簡単に辿りつけない物語の複雑さが映し出される。「彼女は何を伝えようとしたのか」「ジェニーが辿り着いたある真相とは」とたたみかけるナレーションに、ジェニーがどんな結末を迎えるのかと、手に汗握る展開となった。そして、ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメといった、ダルデンヌ兄弟作品の常連名優たちの姿が映るのも必見。「かつてなく力強いラストにおいて圧倒的な真実が明らかにされる」、「パルムドール大賞を二度受賞したダルデンヌ兄弟は、真の映画的巨人であることをこの作品で証明した」と海外評でも絶賛されているダルデンヌ兄弟が挑んだ新たなサスペンスとなっている。

『午後8時の訪問者』予告編
https://youtu.be/zcNg9-FwBd8

____________________________________________________________

『午後8時の訪問者』

2017年4月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
配給:ビターズ・エンド
公式HP:http://www.bitters.co.jp/pm8/
(C) LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM – FRANCE 2 CINÉMA - VOO et Be tv - RTBF (Télévision belge)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/34024827

『午後8時の訪問者』ビジュアル&予告編が完成!!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事