« EXO・シウミン映画初出演作『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』日本版予告を公開 | メイン | 【東京国際映画祭】TIFFアニ!!『虐殺器官』本編冒頭15分上映&トークイベント »

2016年11月 1日 (火)

グザヴィエ・ドラン監督最新作の邦題が『たかが世界の終わり』に決定。ポスタービジュアルを公開


カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、アカデミー賞外国語映画賞カナダ代表作品となったグザヴィエ・ドラン監督の最新作『It's Only the End of the World(英題)』の邦題が『たかが世界の終わり』に決定、ポスタービジュアルが公開された。

最新作でドラン監督が切り撮るのは、愛しているのに傷つけ合う“ある家族の1日”。うまく思いを伝えられないそ登場人物の姿が、ミスコミュニケーションに陥った現代の家族像を映し出す。

今作でドラン監督の才能に引き寄せられて集まったのは、主演のギャスパー・ウリエル(12月の来日が決定)、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイといったフランスを代表する一流俳優陣。

自らの死を家族に伝えるために、帰郷する人気作家。12年ぶりの再会を祝う感動的な団らんとなったかもしれないその場に、彼を待っていたものは――。
____________________________________________________________

『たかが世界の終わり』

2017年2月11日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開
配給:ギャガ
公式HP:http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/
(C)Shayne Laverdiere, Sons of Manual

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33985887

グザヴィエ・ドラン監督最新作の邦題が『たかが世界の終わり』に決定。ポスタービジュアルを公開を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事