« トップ女優の光と影…暗い過去を経て役に向き合うシャーリーズ・セロン。『ダーク・プレイス』主演に何を思う | メイン | 【WOWOW】「生中継!第70回トニー賞授賞式」を前に井上芳雄が渡米。『ハミルトン』観劇へ »

2016年5月30日 (月)

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞『淵に立つ』深田監督&浅野忠信が受賞後に初対面


第69回カンヌ国際映画祭で、最新作『淵に立つ』が「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督が、一足先に帰国していた主演の浅野忠信と対面。深田監督自ら受賞報告に赴き、喜びを分かち合った。

深田監督が「カンヌでは、俳優の演技が素晴らしい! と海外メディアからよく褒めていただきました。本当に俳優さんたちの力でここまで押し上げてもらったな、と感謝しています」とコメントすると、浅野は「俳優の演技が素晴らしいという評価は大変嬉しいです。でも、なぜ僕らがそういうところに辿り着けるかというと、それはやはり監督の力が大きいですね」と、その理由を分析。「僕らの意見を最大限取り入れてくれて、自由にやらせてくれました。役になりきっていく過程で、たまに行き過ぎてしまう事もあるんですが、そういう時に監督がきちんと軌道修正してくれる。そういう監督ってなかなかいないので、とても嬉しかったですね」と、撮影中の監督の様子を明かした。

これには深田監督も「いやぁ恐縮ですね」。「監督としては俳優の皆さんも表現者の一人として現場に臨んでほしいと思いますし、実際に、今回の俳優さんは、皆さんそれぞれに解釈をしていただいて作品に臨んでくれたので、すごく楽しい、創造的な現場だったなと思います」と振り返った。
____________________________________________________________

『淵に立つ』

2016年秋、有楽町スバル座、イオンシネマほか全国にて
配給:エレファントハウス
公式HP:http://fuchi-movie.com/
(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33840823

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞『淵に立つ』深田監督&浅野忠信が受賞後に初対面を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事