« 野村周平、賀来賢人が教える“とんでも交通ルール”って!?「森山中教習所」的“交通ルール講座”映像が完成 | メイン | コロンビアの俊英が描き出す、驚愕の世界観と圧倒的な映像美『彷徨える河』10月の日本公開が決定。あいちトリエンナーレ2016では先行上映を実施 »

2016年5月31日 (火)

二階堂ふみ&山崎賢人が見どころを語る。『オオカミ少女と黒王子』公式インタビュー


5月28日公開の映画『オオカミ少女と黒王子』から、二階堂ふみ&山崎賢人のオフィシャルインタビューが到着した。

『オオカミ少女と黒王子』は八田鮎子の同名コミックを実写映画化。二階堂は彼氏がいないのにいると女友達に嘘をつき、学校一のイケメンに彼氏のフリをお願いする“オオカミ少女”エリカを、山崎は自分に“絶対服従”することを条件にそれを受け入れるドS王子・恭也を演じている。

※山崎の「崎」は正式には「たつさき」

____________________________________________________________

原作を読んだ印象から教えてください。

二階堂:面白く読みました。それと同時に気になったのが、八田先生がどういう目線でこのお話を描いているんだろう? ということだったんです。描き手が女性だと女の子側に自分を投映することが多いと思っていたのですが、先生が現場にいらっしゃったときにうかがったら「まったく逆なんです。恭也に自分を投影していて、エリカは私の好みの女の子なんですよ」とお話ししてくださって。だからこそ、ああいうまっすぐで面白い展開が描けるんだなと思いました。エリカの気持ちだけではなくて恭也のちょっとした気持ちの変化や動きがキーになっている原作なので、そこがすごく面白かったです。

山崎:最初に1巻を見たときに、男(恭也)だけが描かれている表紙にびっくりしました(笑)。現場でふみちゃんから今の話を聞いて、そうだったんだ、と。恭也のキャラも、エリカを自分の犬にしたがるという設定も強烈ですよね。自分を犬にしようとしている人を絶対に好きにならないだろうと思って読み進めていくと物語が展開していって、そこが面白いと思いました。

それぞれが演じたキャラクターについて、どんなところに魅力を感じましたか?

二階堂:ひたむきなところですね。エリカは嘘をついているという大前提はあるのですが、自分のなかに生まれてきた感情にはものすごく素直で、そこには嘘をつかないし、ごまかさない。まっすぐで素敵だなと思いました。

山崎:恭也って実は恋愛に関してはピュアで、弱い部分やバリアを張っているところがあるんですよね。本性を知っていくと本当はいいやつで、考え方が大人でちょっと不器用。優しさを表現できなくて、ふざけちゃうところも魅力だと思います。セリフっぽいセリフが多いのですが、そこを変えてしまったら恭也じゃなくなるので、いかにナチュラルにできるかを心がけました。

ルックス面でのこだわりなど、キャラクターを表現するために心がけたことは?

二階堂:成長しながら女の子としての変化が大きく感じられるキャラクターなので、衣裳にもこだわりました。最初の頃に比べると制服のスカートが短くなっていったり、前髪の具合が変わったり、細かく変化させています。私服は監督と一緒に買い物に行って、自分でスタイリングさせてもらいました。恭也と比較するとエリカは強烈なキャラクター性があるわけではないのですが、観ている人がエリカの目線になりつつも、たまにエリカを外から見ながら応援したくなるキャラクターにしたいなと思っていましたね。

あとは、山崎君との距離を大事にしていました。カメラが回っていないところでのコミュニケーションが近ければ近いほど、カメラの前に立ったときにとことんエリカになれると思ったし、余計なことは排除されていくのかなと。

山崎:原作のファンの方がたくさんいるので、金髪にしてもらいたいというお話が最初にありました。金髪にするならカツラは嫌でしたし、染めたときに恭也に近づけた気がしたので、形から入れたことがとてもありがたかったです。

廣木(隆一)監督はお二人にとって、どういう演出をされる方でしたか?

二階堂:“決めない方”ですね。そこで生まれてきた感情や空気を大事にされる方で、心地よかったのと同時に、ただ野放しにするのではなく、監督の芯が固まっているからこそ私や山崎君に自由にやらせてくださっているっていう感じはありました。

山崎:あまり演出をするというよりは、道が逸れてしまいそうになったときに正してくれるというか。そういうぶれないものがあって、全幅の信頼を置けました。

映画では初共演になりますが、それまではお互いにどんなイメージを抱いていましたか?

二階堂:初めて現場でご一緒したのはドラマ『熱海の捜査官』だったのですが、映画みたいな現場だったんです。私と同じ年、同じ学年で、山崎君は初めてのお芝居で。監督がおっしゃった何気ないひとことや演出を、きちんと自分の体に自然に落とし込める、素直で思いやりがあって優しい人だなと思いましたね。

そして今回は、きっと6年間で色んな人と出会って色んな経験をして、多くのことを培って、たくさんの映画で女の子たちの憧れの象徴になっているからこそ、作品に対する思いやりも持てるんだろうなと感じました。主演としての揺るがないところと柔軟なところの両方があって、そこに成長を感じましたし、また現場でご一緒できてよかったなと思います。

山崎:ありがとうございます(笑)。ふみちゃんは出会った6年前と、いい意味で変わっていないと思いますね。あの頃からすでにしっかりと自分を持っていて、好きなことがはっきりとあって、突き進んでいる感じがしていました。そういう部分は、全然変わらないです。

この作品は少女漫画のキラキラした世界が描かれているのですが、ふみちゃんにはそういうイメージはあまりなかったんですね。でも今回のふみちゃんはめっちゃキラキラしていて、新しいイメージイメージだなって(笑)。そういう作品をこうして6年ぶりに一緒にできたことがうれしかったし、現場で色んな話をしたこともよかったなと思っています。

二階堂:前の撮影からだと、6年たつからね。

山崎:怖くない?

二階堂:あっという間だね。

この時期の6年って、大きいですもんね。

二階堂:でもそんなもんかな、って(笑)。何十年もやられている先輩たちがいるので、お互いにまだまだだなっていう感じです。

お二人のお気に入りのセリフやシーンを教えてください。

二階堂:セリフももちろんよかったのですが、言葉じゃないところの2人の関係の変化が見どころなんじゃないかと思っていて。2人の関係の象徴としての引きのカットも多くて、劇場で見るからこそ面白い作品になっていると思います。関係性が進んでいくのも、どこかポイントがあってガッと近づくというよりも、映画を観ながら変化を実感していくというか…。エリカと恭也がそれぞれひとりのシーンもあって、2人が寄り添っていく空気がすごくよかったなと。言葉じゃなくて、心と心がふわっと寄り添った瞬間がある映画だと思います。エリカと恭也だけではなく、エリカとさんちゃん、エリカと日下部…、もちろんラブコメディなんですけど、みんなの成長の物語にもなっていますよね。

日下部君やさんちゃん、みんなの表情もすごくいいんです。どれかひとつのセリフは選べないのですが、小沢健二さんから連絡を頂いて『今夜はブギー・バック』を歌えたのもすごく楽しかった。私たちの世代だと結構この曲を知らない子も多いけれど、ジェネレーションが違う方もふと感情が入っていくポイントになったんじゃないかと思います。シーンとしては中華街で2人で会ったあと、走って終わるところが好きですね。2人にとっては、この関係がいいんだなってことがよくわかるシーンになっていて。男の子と付き合ったことがないから周りの友だちの話に合わせて、恋愛ってこうじゃなきゃ、と思っていたエリカが、素直に人のことを思って2人だけの形を築いていこうとするところがいいなと思いました。

山崎:風邪をひいて部屋に来てくれるシーンがすごく好きですね。エリカの無償の優しさが伝わるシーンだと思います。セリフとしては、「プレゼントなんてあげたいときにあげればいいんだよ」が、かっこいいなと。俺もそうしよう、って(笑)。

二階堂:教訓になった?

山崎:そう、恭也様に学ばせていただきました(笑)。

二階堂さん、一人の女性としては、恭也みたいなタイプについてはどう思いますか?

二階堂:個人的には日下部君が好きなんですけど(笑)、恭也はかっこいいですよね。すごくドSってことではなく、感情をあまり表に出さず、でもちゃんと相手のことを見ている人だと思うんです。小さな変化に気付けるって、それだけ相手のことを見ていて優しい人だからだと思うので、そういうところはすごく素敵な男の子だと思います。あと、山崎君が演じているからこそ、ちゃんと女の子が憧れる象徴みたいな人になっていますよね。それは作ってどうこうなることではなく、山崎君のカリスマ性だと思います。映画版の恭也は原作とはまた違う魅力があるので、観た女の子たちも魅了されるんじゃないかなと思いますね。

山崎さん、エリカについてはどうですか?

山崎:“オオカミ少女”ですけど、根はすごく素直でまっすぐで、人に対する思いやりがある女の子なので、すごく好きですね。“オオカミ少女”になっちゃう理由もわかるし、一緒にいたら楽しそうだなと思います。

____________________________________________________________

『オオカミ少女と黒王子』

2016年5月28日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式HP:ookamishojo-movie.jp
(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33841509

二階堂ふみ&山崎賢人が見どころを語る。『オオカミ少女と黒王子』公式インタビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事