« “将軍”から”神”へ――松平健が『X-MEN:アポカリプス』で洋画吹き替えに初挑戦 | メイン | 月刊誌『ムー』と映画『ラザロ・エフェクト』がまさかのコラボ!死者蘇生に関する入魂記事の特別フリーペーパーを発行 »

2016年5月27日 (金)

GACKT「ヒットしなかったら、日本はつまらない国だと思われちゃう」。『デッドプール』公開直前プレミアイベントを開催


映画『デッドプール』の公開直前プレミアイベントが26日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催された。

____________________________________________________________

まずは、若者たちに人気急上昇中のユニット「Creepy Nuts」(R-指定&DJ松永)が“デッドプール”と“デップー”ダンサーたちとスペシャルパフォーマンス。戦いの最中で怒涛のおしゃべりを繰り広げるキャラクター性と、R指定作品として史上最高の興行収入を突破した今作をテーマに“デップー”ダンサーたちを従えラップを披露した。

そして、舞台挨拶に現れたのはGACKT。「僕はこのキャラクターが本当に大好きなんですよ。世界的にヒットしてくれて嬉しいです。ダークヒーローっていうよりも、“頭の悪いヒーロー”っていうのが新しいアプローチですよね。みんなが求めていたから、記録を塗り替えるようなヒットを世界中でしたんだと思います」とデップーの魅力を熱弁。R-指定もキャラクターについて「ずっとしゃべっているから大好きなんです(笑)。戦い中も……僕らもしゃべる戦いをしているのでシンパシーを感じるんですよね。しかも、R-15でいろんな規制を飛び越えた毒舌発言が本当に面白い(笑)」と見どころを語った。

また、3つのキーワードからR-指定が即興ラップを披露。GACKTから「ぶっとんだ主役」「こんな表現でいいの」、来場者からは離婚騒動で話題の「ジョニー・デップ」。パフォーマンスを見たGACKTは感想を求められると、「いつになったら“ジョニー・デップ”(キーワードの1つ)が出てくるんだろうって思っていた(笑)」と笑いを誘う一幕も。

最後に「GO!GO!デップー!」の掛け声と共に3人で鏡割りを行い、GACKTが「世界で大ヒットしてその記録を日本で塗り替えられなかったら、日本がつまんない国だと思われてしまう……ぜひ、素直に面白いと思ったら周りの人にすすめてください」との言葉を残しイベントは終了した。
____________________________________________________________

『デッドプール』

2016年6月1日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33837963

GACKT「ヒットしなかったら、日本はつまらない国だと思われちゃう」。『デッドプール』公開直前プレミアイベントを開催を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事