« 『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』米Movies for Grownups Awardsで「大人のためのラブストーリー賞」を受賞 | メイン | ゴールデン・グローブ賞発表目前!『オデッセイ』特別映像を公開 »

2016年1月 7日 (木)

松山ケンイチ、ゆかりの銭湯寄席でヒット祈願!『の・ようなもの のようなもの』公開直前トークイベントリポート


映画『の・ようなもの のようなもの』の公開直前銭湯寄席トークイベントが6日に東京・有馬湯で行われ、主演の松山ケンイチ、伊藤克信、杉山泰一監督と内海桂子、スペシャルゲストとして三遊亭小遊三師匠が出席した。

登壇した松山は、「あけましておめでとうございます。今年1発目のイベントですから気合いを入れていきたいと思います!」と威勢よく挨拶。伊藤が「松山くんが若干太ってくれたんで違和感なく隣にいることができます」と続くと、スペシャルゲストの三遊亭小遊三は「通りがかりの者でございます。(松山の)この貫禄! これは大ヒット間違いなしでしょう」と太鼓判を押した。

銭湯寄席を実際に行った時のことを松山は、「撮影は一昨年ですから、とても懐かしいです。『初天神』という話を今日と同じようにお客様の前で最初から最後までやらせていただきました。他では決して経験できないだろうなという貴重な経験でした」としみじみ振り返った。

杉山監督は、ロケ地に有馬湯を選んだいきさつについて「前作でも(外での)青空寄席をやったんだけど、今回は下町が舞台の映画だったから、銭湯がいいなと思ったんです」と語った。

松山は「僕は落語がものすごく大好きなんですけど、聞くのとやるのは全然違う! 難しかったですね」というと小遊三は「見事なステージだった」と言い、伊藤は「なんでもないようにやっていたじゃないか!」。この日の司会で、落語指導を務めた古今亭志ん丸も「寄席の世界にへえ(入)らないでくださいね。仕事がなくなるから」と褒めつつも松山をいじり、会場の笑いを誘った。

ここで満を持して、前作『の・ようなもの』と今作に続けて出演をしている内海が登場。共演シーンについて松山は「(桂子師匠は)やっぱり一言一言が重いんで、受け止めきれないんですよ!(笑)」と言い、それを受け「こういういい男は芸事が難しいのよ。笑えないでしょ、こういう顔では」と繰り返し、「お客さんの前でやったの??」と言うとすかさず、杉山監督が「師匠もそこにいたじゃないですか!」とつっこみ、一同爆笑。そして、小遊三から松山へ「この熊手でお客さんをかき集めて、お金をかき集めて。そうすると落語の方にもお客さんが来てくれますので、大成功をお祈りしています」と縁起物の熊手がプレゼントされた。

松山は最後に「映画だけでなく、落語の世界もこの映画がきっかけでたくさん人が来てくれたらと思います。ぜひ観に来てください」とメッセージを送った。
____________________________________________________________

『の・ようなもの のようなもの』

2016年1月16日より新宿ピカデリーほか全国にて
配給:松竹
公式HP:http://no-younamono.jp/
(C) 2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33704347

松山ケンイチ、ゆかりの銭湯寄席でヒット祈願!『の・ようなもの のようなもの』公開直前トークイベントリポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事