« 米アカデミー賞『レヴェナント:蘇えりし者』が最多12部門でノミネート | メイン | マーティン・フリーマン主演『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』初日は4月23日に決定&ポスタービジュアル解禁 »

2016年1月18日 (月)

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭“フォービデンゾーン”部門正式出品作『華魂 幻影』完成披露試写会リポート

実施日:1月15日(金)
登壇者:大西信満、イオリ、川瀬陽太、愛奏、佐藤寿保監督
会場:新宿ケイズシネマ



日本のスプラッター映画の草分け的な存在である佐藤寿保監督が、『さよなら渓谷』で真木よう子の相手役を務めた大西信満を主演に迎えた最新作『華魂 幻影』が完成し、15日に都内の劇場で完成披露試写会を実施。主演の大西、ヒロイン(黒ずくめの少女)役で今作が映画初出演のイオリ、劇中映画『激愛』の主演・川瀬陽太、『激愛』のヒロインの愛奏、そして佐藤監督が舞台挨拶に立った。

『華魂 幻影』は2月25日から始まるゆうばり国際ファンタスティック映画祭の、「フォービデンゾーン」部門に出品され、27日(土)14時から上映。その後、4月30日(土)から新宿K’s cinemaで公開される。

舞台挨拶での主なやりとりは次の通り。

____________________________________________________________

佐藤寿保監督、前作『華魂』の待望の続編『華魂 幻影』が完成したわけですが、この映画にかけられた思いと御苦労された点などございますでしょうか?

■佐藤監督:『華魂』第2弾になるんですが、『華魂』という企画を立ち上げたのは2年前になるんですけれど、当初は1年間に春夏秋冬4部作を作ろうと始めた企画です。やって初めて気がついたんですけれど、映画っていうのは人とお金がかかるというのを実感しまして、やっと2年越しで第.2弾を撮ることができました。これもひとえに場を与えてくださっているK’sシネマさんをはじめ、各地方の良心的な劇場さん、スタッフ・キャストの皆さまに非常に感謝しております。苦労はあんまり言いたくないんで。

主演の大西信満さんは今回初めて佐藤組に参加したわけですが、台本を読まれた感想と現場はいかがでしたでしょうか?

大西:初めて台本を読んだ時に、ものすごく念がこもっているということを感じまして、実際に寿保監督にお会いして、さらに監督のすさまじい勢いと言いますか、力を感じまして、えらい大変なことになるんじゃないかと思いましたけれど、撮影はタイトなスケジュールだったんですけれど、何も迷うことなく、ひたすら時間が早く過ぎて、すごく濃密な現場だったと思っております。

黒ずくめの少女役を演じられました本作映画初出演のイオリさんにお尋ねしたいと思います。映画初出演だったわけですが、オーディションから参加されて、ハードな役を体当たりで撮影に挑まれましたが、苦労された点などありますか?

イオリ:オーディションも出演もすべてが初めてで、何もかもが初めての現場だったんですけれど、皆さんがすごく優しく接してくださったので、すごくいい経験ができました。

劇中映画『激愛』の主演の川瀬陽太さんは佐藤組経験者ではありましたが、今回の現場はいかがでしたか?

川瀬:佐藤監督とは約20年前から、僕もそうなんですが、佐藤監督も“成人映画”というジャンルから出てきた者なんですけれど、その頃から知っていて、ここまでちゃんと組で仕事をしたのは初めてでして、それまで佐藤監督が作られた作品は当然観ているんですけれど、その内容の激しさというか、「おっかねえな。こんな人とやりたくねえな」と思っていたんですよ。ところがですね、ここでやってみたら、いい年になって、なんかいい感じにやれてよかったです。ありがとうございました。

佐藤監督:こちらこそ、ありがとうございました。

劇中映画『激愛』のヒロインを務められた愛奏さんも今回は佐藤組初参加ということですが、撮影のエピソードなどを教えてください。

愛:勝手なイメージで、監督はすごく厳しい方で、怒られてしまうんじゃないかと思っていたので、その予想に反して、とても細かく色んなことを教えてくださって、ほっとしました。

大西さん、今回、映画初出演のイオリさんはいかがでしたでしょうか?

大西:自分自身も何回やっても初めてのような感じなんで、ただかなり大変なことをちゃんと臆さず挑んで立派だったなと思っています。ただまあ、一つ言えば、訛りがなあ、なかなかとれなくて、それが大変でしたね。

イオリさん、ご出身はどちらなんですか?

イオリ:京都の方なので、なかなか抜けなかったですね。

佐藤監督:今は抜けたほうだよ。

最後に一言ずつ、皆さまにメッセージをお願いいたします。

大西:なかなか映画を観てもらうまでが大変で、そういう意味で、今日観ていただいた後に、面白いなと思っていただいたら、なるべく多くの人に伝えて、お客さんがたくさん来るお手伝いをしていただけたら幸いです。今日はよろしくお願いします。

イオリ:私は初めてで、結構体も張ったと思いますので、ぜひ楽しみにしててください。

川瀬:大西君とは個人的にもお付き合いがあったりとかで、撮影前に『ちょっと飲みませんか、川瀬さん』と言われて、『佐藤寿保さんってどんな方ですか?』って聞かれて、僕はその時に『普通じゃないよ。イカれてる』って言いました。その通りのイカれた映画になっていると思います。ぜひ楽しんでください。よろしくお願いします。

愛:さっき話しそびれてしまったんですけれど、極寒の中で撮影していたので、試写で拝見させていただいた時から今日まで、ずっと頭にあったことが一つあります。極寒の中で撮影していたために、劇中で私は上半身を露出しているんですけれど、その乳首の状態が寒さによって、ものすごくキュッとなっていて……。

川瀬:何の話をしてるの、君は(笑)。

愛:この場をお借りしてぜひ言いたいと思っていたのが、通常の温度下においては、私の乳首はもう少しシンプルです。

川瀬:何の話をしてるの、君は(笑)。

愛:これを言ったら、そこばっかりそうなっちゃったら困るなということもあって、「どうしよう」ってそればっかり考えていたんですけれど、何はともあれ、全て含めて楽しんでいただければ嬉しいと思っていますんで、よろしくお願いします(笑)。

佐藤監督:『華魂』というのは一話完結もので、今回、舞台は映画館のお話です。今、大作が目白押しで、つまらないものばかり上映していますけれど、この映画は他の映画館では観れない熱気と狂気と愛に包まれた映画だと思っております。面白かったら皆さん周りのお友達・親戚・お子さまに声をかけていただいて、劇場にぜひ詰めかけてください。

川瀬:お子様は観られません!(笑)
____________________________________________________________

『華魂 幻影』

2016年4月30日より新宿K’sシネマにて公開
配給:渋谷プロダクション
公式HP:http://www.hanadama-movie.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33716017

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭“フォービデンゾーン”部門正式出品作『華魂 幻影』完成披露試写会リポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事