« あの名探偵が、引退に追い込まれた未解決事件に再び挑む。『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』2016年3月公開決定。真田広之も出演 | メイン | 『スポットライト 世紀のスクープ』ティザービジュアルを公開 »

2015年12月24日 (木)

少女の純粋で獰猛な愛が、閉ざされた村に隠された秘密を暴いていく…。デンマーク発のミステリー映画『獣は月夜に夢を見る』2016年4月、日本公開


カンヌ国際映画祭批評家週間で上映されるや賞賛を浴び、各国の映画祭で数多くの受賞と話題をさらったデンマーク発のミステリー映画『獣は月夜に夢を見る』が、2016年4月16日から日本で公開されることが決定した。

監督は『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に美術アシスタントとして参加し、今作が初長編作品となるヨナス・アレクサンダー・アーンビー。主演のマリー役にはこちらも今作がデビュー作となるソニア・ズー。そのほか、マッツ・ミケルセンの兄で国際的にも活躍しているラース・ミケルセン、ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞し今後の活躍が期待されているヤーコブ・オフテブロらが出演する。

閉ざされた村で、父と病気の母と暮らすマリー。父は母の病のことは何も教えてくれない。村の住人は車椅子の母を恐れ、マリーには懐疑的な眼差しをぶつけてくるが、彼女はそれがどういう理由から来るものなのか知らなかった。
ある日、マリーは職場で出会ったダニエルに恋をする。孤独を抱える2人は徐々に惹かれ合うが、時を同じくしてマリーは身体に奇妙な変化を感じ始める。その感覚は強まり、次第にコントロールできなくなっていく。身体の異変と母の病気について調べ始めるマリーだったが、そこには決して抗えない哀しい秘密が隠されていた……。
____________________________________________________________

『獣は月夜に夢を見る』

2016年4月16日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開
配給:クロックワークス
(C)2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS

トラックバック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事