« 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開記念!シリーズ6作、地上波でのオンエアが決定 | メイン | あのテーマ曲と共に……『クリード チャンプを継ぐ男』日本オリジナル予告を公開 »

2015年11月30日 (月)

“慣れるには1日は短すぎる”……『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告を公開


2016年1月22日公開『ビューティー・インサイド』から日本オリジナル予告編が解禁となった。

『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告
https://youtu.be/87q0vI2lGB4

同作品は2013カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル三冠グランプリを受賞した話題のソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」を原案に、CM監督出身のペク監督が長編デビューを飾ったファンタジー・ラブロマンス。目覚める度に外見が変わる主人公のウジンを、ユ・ヨンソク、イ・ジヌク、イ・ドンウク、イ・ボムス、ソ・ガンジュンや、パク・シネ、コ・アソンら、韓国が誇る人気俳優・女優たちが演じるという豪華なキャスティングに加え、日本からは上野樹里がウジン役の一人として韓国映画初出演し、話題となった。

公開された映像は、「家具デザイナーのウジンは18歳の時から、目が覚める度に外見が変わるようになってしまった」という言葉から始まり、文字どおり、性別や年齢、外見も様々な主人公・ウジンが次々と登場。そしてある日美しい女性・イスと出会い、恋に落ちるが、秘密をかかえたウジンをイスはどう受け止めるのか、そして2人の関係は果たしてどうなっていくのか、短い予告映像からも、その恋の行方が気になる内容となっている。

また、日本でも人気のあるパク・ソジュン、イ・ジヌク、イ・ドンウク、ユ・ヨンソク、ソ・ガンジュンら年齢もキャリアも様々な俳優たちが主人公・ウジンを演じていることも話題だが、注目は上野樹里が演じるウジンの登場シーン。独特な設定の中で、ハン・ヒョジュ演じる女性・イスとどう向き合うのか、上野が演じるウジンの表情は要チェック。
____________________________________________________________

『ビューティー・インサイド』

2016年1月22日よりTOHOシネマズ 新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開
配給:ギャガ・プラス
公式HP:http://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33664787

“慣れるには1日は短すぎる”……『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告を公開を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事