« ベント・ハーメル監督「感情や、生きるということを表した映画です」『1001グラム ハカリしれない愛のこと』公式インタビュー | メイン | ベストセラー医学冒険小説が原作『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』公開日が2016年1月16日に決定 »

2015年10月29日 (木)

【東京の日】「青春という奴を大事にしてやれよと、この作品は語りかけてきた」石坂浩二氏らからコメントが到着


趣里の主演を務めた、池田千尋監督のオリジナル長編最新作『東京の日』が今週末31日に初日を迎える。劇中に登場する主人公のダメ男“本田君”のキャラクターが、今作をいち早く鑑賞した女性たちの間で話題となっているが、公開を前に、俳優の石坂浩二氏や、恋愛学のスペシャリスト・森川友義氏ら、各界の男性著名人からコメントが到着した。

各人のコメントは次の通り。

____________________________________________________________

青春とは人の心に棲んでいる、夢見がちで傷つきやすい奴である。起きたり 、眠ったりして、一生ついてくる。そんな青春という奴を大事にしてやれよと、この作品は語りかけてきた。(石坂浩二氏/俳優)

喜怒哀楽がなく、過去のしがらみも未来の希望もなく、流されるままに今だけに生きる28歳本田君にイライラした瞬間が、実は本田君を好きになった瞬間だったと思い知るであろう。(森川友義氏/早稲田大学国際教養学部教授、著書「ロンブー淳×森川教授の最強の恋愛術」)

若い人の稀薄な生を、稀薄なままにとらえたリアリティがすばらしい。角の家、階段のある坂道――忘れえぬ東京の光景が、鑑賞後、次々よみがえってくる。時間の映る/移る撮影が見事。男が「ごめん」と繰り返すときには、そうとしか言えない心情がある。(阿部嘉昭氏/評論家)

東京で邂逅する夢や情熱が欠落した中身の空っぽな人。そんな空虚に見える人であっても、感情を押し殺しながら仄かな恋心を抱き、それを糧に都会の片隅で必死に生きているんだな、と本作は僕を優しくさせるのである。(松崎健夫氏/映画評論家)
____________________________________________________________

『東京の日』

2015年10月31日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
配給:マジックアワー
公式HP:http://www.tokyonohi.com/
(C)2015 ソウルエイジ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33626435

【東京の日】「青春という奴を大事にしてやれよと、この作品は語りかけてきた」石坂浩二氏らからコメントが到着を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事