« ニコラ・ヴァニエ監督「プロジェクトの鍵となったのは、まさにフェリックスだった」『ベル&セバスチャン』公式インタビュー | メイン | J・C・チャンダー監督「移民のストーリーと聞いて人々が期待するものを、うまく裏切れていることを祈るよ」『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』公式インタビュー »

2015年9月24日 (木)

林遣都「その男、意識高い系。」は「反省ばっかりですが、そのおかげで僕の中で残る作品」


2015年3月~NHK-BSプレミアムにて放送(全8回)され、最新の社会事象である“意識高い系”の若者をコミカルに描いた新感覚“イライラ”ビジネスコメディー「その男、意識高い系。」。そのDVD-BOX化を受け、“意識高い系”の若者を好演した林遣都が想いを語った。

20~30代の前半を仕事に懸けた猪突猛進系の女子社員、坪倉春子(伊藤歩)と“意識高い系”新入社員、一条ジョー(林)がハチャメチャな事件を巻き起こす同作。入社11年目の春子の元に新入社員の一条がついたことで、トラブルが勃発! その一部始終をコミカルに描いた。林は、「『その男、意識高い系。』は、全体的にコメディー要素が強い作品という印象でしたので、伊藤歩さん演じる女子社員の坪倉春子も僕が演じる意識高い系の新入社員・一条ジョーも突き抜けた感じはありました」と脚本の最初の印象を回想。また、「特に僕が演じた一条は、自分がいままで触れたことがないジャンルの役柄だったので、どういう条件でも演じたいと思いました」と撮影前に強い意気込みで挑戦した胸中を吐露した。

確かに“意識高い系の一条ジョー役は、林のフィルモグラフィーの中でも異色中の異色。林は、それまでの自分の経験値をすべて試される作品であることと同時に、新たなアイデアを投入する必要があったことを明かす。「この作品はいままで自分が得てきたモノを、全部放り込めるようなキャラクターで世界観だと思いました。だからガンガン、自分の考えや経験を出して行かなきゃと思い、現場でいつも脚本を読み返しながら思い出して、一条ショーを演じていました。自分の想い入れが強かった分、反省ばっかりですが、そのおかげで僕の中で残る作品になりましたね」。若手実力派の心に残った意欲作を見届けてほしい。
____________________________________________________________

「その男、意識高い系。」
2015年9月16日(水)DVD-BOX発売

【セル】DVD-BOX ¥11,400(本体)+税

<特典映像(予定)>
■記者試写・取材会インタビュー 伊藤歩/林遣都/大地真央
■クランクアップ 伊藤歩/林遣都
<封入特典>
リーフレット付き

発行:NHKエンタープライズ 販売元:ポニーキャニオン
(C) 2015 NHK・テレパック

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33586817

林遣都「その男、意識高い系。」は「反省ばっかりですが、そのおかげで僕の中で残る作品」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事