« マキタスポーツ主演「PANIC IN」4監督「最初レンタル、気に入ったら保存用で買って(笑)」 | メイン | 『猫侍 南の島へ行く』予告編映像が待望の解禁。LiLiCoのコメントも到着「あなごは本当に猫なのかなぁ」 »

2015年8月25日 (火)

“新婚”澤穂希がゲスト。『わたしに会うまでの1600キロ』スペシャルトークイベントリポート


『わたしに会うまでの1600キロ』のトークイベントが23日都内で行われ、サッカー女子日本代表の澤穂希がゲストとして登場。主人公・シェリルに共感したという澤が、自身のサッカー人生を振り返りながら、作品をPRした。

____________________________________________________________

2011年のワールドカップドイツ大会での優勝や年間最優秀選手賞受賞など、数々の輝かしい功績を残してきた澤。今でこそ日本女子サッカーのパイオニア的存在として知られるが、そこに至るまでには怪我、病気、チームからの契約打ち切りといった不遇の時代があり、今作の主人公・シェリルと同様に困難な時期を乗り越えた経験をもつ。

「人生いろんなことがある中で、主人公は大自然と向き合い、自分自身と向き合い、人生は何度でもリセットできると感じた映画でした。自分と重ねながら観ました。(私も)ここまで来るのに色んな困難がありまして、その中で、目標や夢を持ったら最後まであきらめず、やり切るというのは(主人公に)共感できました」

聞き手を務めた、雑誌「AERA」編集長の浜田敬子氏の「1600キロを歩くという事と、澤さんのサッカー人生って重なると思います。この映画の主人公が何度もやめようと思うように、サッカーを辞めようと思ったことは今までにあるんですか?」という質問に対して、澤は「今まで困難に直面した際は、まず、すべての現状を受け入れ、自分のやるべき目の前のことを1つ1つ乗り越えていくことを意識してきました」と告白。

また、主人公が1600キロ歩いた先に掴んだ人生の転機についての話題になると、「やはり一番最初の転機は1人でアメリカへ渡った19~20歳の頃でしたね。孤独感やさみしさが自分を変えるのには、今思えば効用があるのかもしれない。話したいことが英語で伝えられなかった寂しさ、孤独感は主人公と重なるものがありますね」と自身のターニングポイントにも言及した。

最近、一般男性と入籍した澤は、作品にちなんで家族像についても語った。

「母については、一言ではとても言い表せない存在です。(今作と)共感するところがあって、シェリルと母のやりとりは自分と重ねてしまいました(笑)。反発しましたし、いまだに素直になれないですが、もっと優しくしてあげなきゃと思います。

母に言われた『チャンスの波に乗りなさい』という言葉はずっと支えになっています。そばで応援してくれていて、私も、母のように子供のやりたいと思ったことに対しては、思い切り伸び伸びとさせてあげたいです」
____________________________________________________________

『わたしに会うまでの1600キロ』

2015年8月28日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて
配給:20世紀フォックス映画
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/1600kilo/
(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/306383/33534367

“新婚”澤穂希がゲスト。『わたしに会うまでの1600キロ』スペシャルトークイベントリポートを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。




最新映画ナビ関連ブログ

最近の記事